離婚レスキュー

旦那・妻の浮気体験談をぶっちゃけてもらい、離婚を応援するサイトです。

妻の化粧が変わったので離婚を検討しています

0629001

 

最近、妻の化粧が変わったので離婚を検討しています。
結婚をする前、恋人として付き合っていた頃の化粧は、ナチュラルメイク風で、嫌みのない感じの化粧をしていました。

結婚してからは、私がもともとナチュラルテイストを好んでいたこともあり、更に薄めの化粧になりました。それは、私が「薄めの化粧が好きだな」と伝えてから変わったものなので、そのことについて私はとても喜んだのを覚えています。
そんなところから妻の愛を感じていました。

しかし最近、明らかに妻の化粧が変わっています。

たまの休日、夫婦二人で外出する時は今までとあまり変わらない化粧をしているのですが、問題は平日です。

私は基本的に帰宅が遅いので、妻が入浴をすませた後に帰宅することが多いのですが、先日たまたま早く帰れた日に、化粧を落とす前の妻の顔を見て愕然としました。
いわゆる「ケバい」ような化粧をしていたのです。

唇は見た事もない鮮やかな赤色に塗られていますし、まつげもやたらと長いものをつけています。
全体的にファンデーションは厚く、不自然なほど白い肌をしています。

最初は、「今日はなにかの集まりでもあったのかな」と思っていたのですが、それが一日だけではなく、何日か続いた時に、これは決定的だと思いました。

妻は、浮気をしているのだと思います。相手の男の趣味に合わせた化粧をしているのでしょう。間違いありません。

そして更に悪いことに、それを妻は隠そうとしていないのです。化粧なんて、帰ってきたらすぐに落とせばいいはずです。
にもかかわらず、わざわざ私に見せつけるように化粧を落とさずに待っているのです。私から別れ話を始めるように促すように挑発しているのでしょう。我慢なりません。

先日、決定的なことに、妻が髪を染めました。私は黒髪が好みで、それは何度も話をしているので妻も知っているはずです。

それなのに、ある日帰ってみたら妻の髪はかなり明るい茶色に染められていました。問いつめる気持ちにもなれませんでした。

浮気をしているのならば、探偵等を雇い、証拠を掴んで、それを妻に突きつければ私自身には大きな被害が及ばすに離婚手続きを進めることができるでしょう。

しかし、恋人時代を含めると、長年連れ添った妻にそんな仕打ちをされて、今はそんなことをする気力が起きません。

一方で、妻や、その相手の男にいいようにされるのも我慢なりません。離婚するのは大前提として、今後の身の振り方を今、真剣に考えています。

 

 

スポンサーリンク