離婚の賢い進め方

sjkncqjnwkcn 離婚する前に読んどくべき知識
スポンサーリンク

sjkncqjnwkcn

離婚を考えた際、急いで離婚する事は、出来る事なら避ける事をお勧めします。

急いで離婚しても、良い事など全くないと言っても過言ではありません。

もちろん、DVなどで少しでも早く離婚手続きを行った方が良いといった場合は、また、別の話です。

慰謝料請求ができる場合

離婚する際、慰謝料が発生する場合があります。

この場合、離婚理由が相手の不貞行為だったり、

暴力だったりと一方的な非がある場合に請求する事が可能です。

 

その為、このような場合が当てはまる際は、

できるだけ、証拠集めを行ってから、離婚話を進める事をお勧めします。
例えば、不貞行為の場合は、その事実が分かる写真や領収書。

また、DVの場合は、医師の診断書など取っておくと、いざと言う時、役に立ってきます。

証拠を集める際に多少、費用が必要になってくるかも知れませんが、

慰謝料を取る為の必要経費だと思って支払う事が必要です。

財産分与

結婚し2人で築いた財産は、離婚する際、清算する必要があります。

この場合、名義人がどちら名義のものでも、基本、共有財産となり、

財産分与の対象になります。その為、離婚が決まり次第、財産を明白にし、

どのように分配していくのか決める事が必要です。

 

この場合、話し合いだけでは決める事が難しい場合や口約束のみで決めてしまうと

後々トラブルになってしまう事も考えられます。
そのようなトラブルにならない為にも、できれば、弁護士に入ってもらい、

清算してもらう他、決まらない場合は、

財産分与請求の調停を申し立てし、家庭裁判所に判断をゆだねます。

 

子供がいる場合

子供がいる場合の離婚は、子供をどちらが育てて行くのかと言う親権問題とその際の養育費を決める必要があります。
多くの場合、親権は母親が持ち、父親が養育費を支払うといったパターンになっていますが、

父親でも、子供を育てて行きたいと思えば、

もちろん、親権を持ち、子供を育てて行く事は可能です。

また、母親が仕事を持ち、養育費の支払いが可能な場合は、母親からも養育費をもらう事も可能です。
どちらにせよ、子供がいる場合の離婚においては、子供の今後を考えた決断が大切だと言え、

親権の他、住居、学校など様々な手続きを行う必要があります。

最後に

これらの手続きは、離婚後に話し合いを行う事で決める事も、もちろん可能です。

しかし、離婚してから話し合う場合、離婚が成立していると言う事で、

上手くいく話し合いも上手くいかない場合が多くなっています。

その為、できるだけ、離婚届を提出する前に決めなければいけない事は、

決めた上で、離婚する方法をお勧めしたいと思います。

 

こちらの記事へ

スポンサーリンク


コメント