離婚レスキュー

旦那・妻の浮気体験談をぶっちゃけてもらい、離婚を応援するサイトです。

離婚危機の離婚相談は、誰にすべきなのか?

jenqenqjwnee

離婚話が出る場合、夫婦のどちらか一方が離婚を考え、もう一方は、離婚したくないと思う場合も少なくありません。

その理由も夫婦それぞれで、浮気が原因で離婚を考えている妻VS浮気を許してもらい、離婚はしたくないと思う夫や訳も分からず、一方的に離婚話をされ、ただただ、困惑してしまっている人など、いくつものパターンがあります。

そして、その場合、離婚したくないと思う人は、一人悩む事になる場合も多く、できれば、誰かに自分の気持ちを相談したいと思うようになってくるかと思います。

では、そんな時、誰に相談すればいいのでしょうか?

両親や兄弟に相談する場合

一番、話しやすいようで、実は、なかなか、本音を言う事ができない両親や兄弟。特に結婚し、独立している人なら、余計な心配を両親や兄弟にかけたくないと思う人も多いかと思います。

また、相談したとしても、両親や兄弟と言う事もあって、「あなたにも悪いところがあるのでは?」という言葉が返ってくる場合や話が余計に面倒な事になる場合も考えられます。

ちょっとした、夫婦間の悩みや相談事なら良いかも知れませんが、離婚危機に陥っている場合は、相談する事で状況が悪化する場合も考えられる為、注意が必要です。

友人、知人に相談する場合

いくら仲の良い、信頼する事ができると思っている友人、知人であっても、プライベートな事を全て話す事に抵抗を感じる事が多い人も多いかと思います。
その為、友人、知人に離婚問題を相談すると、全てをさらけ出す事ができず、中途半端な相談になってしまう事も考えられ、結果、相談というよりも愚痴を言っただけといった結果にもなりかねません。

普通の夫婦喧嘩などの場合は、愚痴を言うだけで、スッキリする場合も多いため、それで十分かと思いますが、真の離婚危機にある場合は、意味がない事も考えられる為、友人、知人に相談する事は、あまり、お勧めではありません。

弁護士に相談する場合

離婚と言えば、弁護士への相談を考えるかと思います。もちろん、離婚を円滑に進める場合には、弁護士への相談は、欠かす事ができません。

しかし、離婚危機であって、しかも、自分自身は離婚したくないと思っている場合、弁護士に相談する事でメリットがあるのかと言うと、一見、意味がないように思えますが、法律と言うものは、人を守る為にあるものです。その為、そんな法律の知識を活かし、離婚危機を回避する事ができる相談も行う事は十分可能です。

例えば、相手が勝手に離婚届を提出する恐れがある場合は、離婚届不受理申出を行う事で、役所で受け取り拒否をしてもらう事ができるなどといった知識を教えてもらう事も可能。

その他、一方的な離婚を言い出された場合、その離婚に応じないと言う裁判も起こす事ができる為、それらにおいての相談も可能になってきます。
そして、弁護士と言う事で、周りの目など気にせず、ある程度、本当の事を話す事ができるかと思います。他人だからこそ話す事ができる、そんな環境の元、離婚危機の相談を行う事もできるのです。

カウンセラーに相談する場合

一方的な離婚話で離婚危機にある場合、精神的にも滅入ってしまう人も少なくありません。そして、誰にも自分の気持ちを分かってもらう事ができず、一人で悩んでしまう人も多くなっています。

そんな時は、カウンセラーに話を聞いてもらうと言った方法もお勧めです。カウンセラーと聞くと「離婚でカウンセラー?」と思うかも知れませんが、離婚で悩み苦しんでいる人にとって、自分の気持ちを素直に話す事ができる環境は、とても、大切な環境です。

そして、そんな環境は、カウンセラーだからこそ、実現する事ができる環境でもあるのです。
実際、弁護士などとは違い、離婚についての知識などは、カウンセラーにはありません。

しかし、本当の気持ちを聞きだす力、そして、的確なアドバイスを行う力においては、カウンセラーは、的確かと思います。
そのような事から考えると、離婚において、追い詰められている人にとって、カウンセラーに相談するといった方法は、自分の気持ちを整理する事ができる、大切な環境になってくると言えるのです。

まとめ

実際、誰に相談すれば一番かと言う事は、人それぞれかも知れません。しかし、離婚危機にある場合、一人で悩んでいても、解決する事は難しいかと思います。その為にも、自分に合った相談相手を見つけ、その上で、今後、どうすべきか考えて行く事が大切になってくるのです。

・相手が携帯を見る時間が増えた
・相手が携帯にロックをかけるようになった。
・休日出勤や仕事が増えた。
・疑わしいメールを見てしまった。
・SNSで、夫の嘘を見破った。

この中で一つでもあればこちらの記事へ

スポンサーリンク