離婚に関係するお金は自分で動かなければ、もらう事などできない事実。

djnfwvndwndveevw 離婚する前に読んどくべき知識
スポンサーリンク

djnfwvndwndveevw

離婚すると言う事は、何もきれいごとでは終わらせる事はできません。
様々な離婚原因で、すぐにでも、相手と別れたいと思う人や何もいらないから別れて欲しいと思う人などもいるかと思います。

しかし、そんな考えでの別れ方は、決して、お勧めする事ができる別れ方ではありません。どんな状態での離婚であっても、先立つものは、絶対に必要です。そして、先立つものと言えば、お金。

少しでも、今後の生活の事を考えるのなら、しっかり、もらえるものはもらって離婚すべきだと言えるのです。
そして、それらのお金は黙っていても、もらう事などできません。自分で動きださなければ、満足のいく額などもらう事ができない他、1円ももらう事が出来ない場合も考えられるのです。

その為、離婚する際には、自分にもらう権利のあるお金について、十分に把握しておく事が大切になってくると言えるのです。

慰謝料について

慰謝料の場合、残念ながら、誰でももらう事ができる権利ではありません。
慰謝料と言うものは、離婚だけではなく、精神的苦痛を与えた人が与えられた人に支払う損害賠償になっています。

その為、離婚においての慰謝料請求の場合、夫婦どちらか一方に明確な離婚原因がなければ、慰謝料請求を行う事は出来ません。

例えば、不貞行為やDVなどで、一方的に苦痛を与えられ、その結果、離婚に至るような場合、慰謝料請求を行う事ができると言う事になるのです。ただし、これらの場合も、相手が認めない場合、証拠が必要になってくる場合もあります。

その為、不貞行為の場合は、不貞行為をしている証拠、すなわち、不倫現場の証拠を押さえておく事が大切です。もし、証拠集めが難しい場合は、興信所などを利用すると良いかと思います。

また、DVにおいては、診断書を取っておくと安心です。
このように、離婚の際に慰謝料請求を行う場合は、性格の不一致、家族関係のもつれなどといった理由では、請求する事はできません。
また、この慰謝料請求の期限は、3年間。3年間で時効を迎えてしまう為、でるだけ早い手続きが必要です。

財産分与について

夫婦は、どちらか一方が仕事を行い、収入を得ていた場合でも、その婚姻期間に得た収入においては、共有の財産であると言う事になります。その為、離婚する際には、その共有財産を分け合う事ができるようになっているのです。

もちろん、名義が夫婦、どちらのものであっても、財産分与の対象です。また、離婚原因がある方からの請求も可能になっています。
そんな、財産分与を行う際は、夫婦間での話し合いの他、調停で決める事も可能です。

話し合いで決める場合のおいても、「離婚協議書」などの合意文書を作成しておく事をお勧めします。

また、財産分与においては、できるだけ、一括払いで受け取る事ができるようにしておく事がベストです。

万が一、分割払いになった場合でも、初回の支払をできるだけ多く設定しておく事もポイントになってきます。

これらは、財産分与の場合、支払いが滞納する場合も十分考えられるからです。

そして、話し合いで決める事が出来ない場合は調停を行い、それでも難しい場合は、審判へと移行していきます。
また、財産分与の請求は2年以内に行う必要があります。

養育費について

子供がいる場合の離婚の際には、養育費についても考えていかなければいけません。
離婚しても、子供は、夫婦二人で育てて行かなければいけません。

その為、親権の有無にかかわらず、父母で子供にかかる費用を負担していく必要があります。

その為、基本的には、子供と一緒に暮らしていかない方に養育費の支払い義務が生じてきます。

また、その金額は、その支払い義務が生じた父親もしくは、母親の収入に応じて決められる事が多く、平均額としては、子ども1人の場合月2~6万円、子ども2人の場合月4~6万円が相場になっているようです。
この養育費においては、離婚後も子供の成長などに合わせ、話し合いを行う事も可能になっています。

まとめ

離婚に関するお金の問題は、そのまま放置してしまうと権利を失ってしまう場合も十分、考えられます。

その為、離婚する際には、まずは、お金の問題を考え、請求する事ができるものに関しては、しっかりと自分で動き出し、権利を主張する事をお勧めします。

 

 

スポンサーリンク


コメント