離婚レスキュー

旦那・妻の浮気体験談をぶっちゃけてもらい、離婚を応援するサイトです。

熟年離婚をさせる秘訣とは!

5

熟年離婚を決行し、成功させるためには、一にも二にも、それまでの準備が重要です。

若い時の離婚とは違い、熟年離婚の多くは、今まで溜まりに溜まったものへの思いの結果、起きる場合が多くなっています。その分、言いかえれば、準備期間が十分にあるとも言えるのです。

その為、熟年離婚を成功させ、残りの人生を穏やかに過ごしたいと思う人には、是非、熟年離婚に向けての準備を怠らない事をお勧めします。

慰謝料請求ができるかについて

慰謝料請求とは、夫婦のどちらか一方に明確な離婚原因がある場合、請求する事ができる権利になっています。例えば、浮気や暴力などが主な原因とされており、言いかえれば、それら以外では、慰謝料請求を行う事は難しくなってきます。

特に熟年離婚のように、長年に渡る、性格の不一致などが理由の場合は、一切、請求を行う事は出来ません。その為、浮気や暴力などがない場合は、まず、慰謝料請求は難しいという事を理解し、これによって、お金を得ようという考えは行わない事をお勧めします。

財産分与の準備

熟年離婚と言うだけあり、婚姻期間は、長いものになってくると思います。一般的には、熟年離婚の定義は、婚姻期間が20年以上となっており、年齢ではなく、婚姻期間によって決まると言われています。

そう考えると、共有財産を築いてきた期間も20年以上と非常に長い期間となり、財産分与の額も相当な額になってくる事が考えられます。
財産分与の対象は、婚姻期間中に夫婦で築いてきた財産になります。

これは、例え、専業主婦(夫)であっても、一緒に財産を築き上げてきたという事が言え、権利を主張する事は十分可能です。また、共働き夫婦だった場合も、二人で一緒に働き築き上げてきた財産と言う事で、夫婦の名義に関係なく、財産分与の対象になってきます。ただし、相続などで得た財産などにおいては、財産分与の対象外になる場合もある為、注意が必要です。

では、実際、熟年離婚に向けて財産分与の準備とは、どのようにしていけば良いのでしょうか。
まずは、預貯金や株、不動産など全ての財産を確認します。預貯金に関しては、夫婦、どちらの名義でも関係なく財産分与の対象になる為、見落としがないよう確認します。株や不動産においても同じです。

そして、財産分与と言っても、細かく内容を分けると清算的財産分与、扶養的財産分与、慰謝料的財産分与に分けられます。
まず、清算的財産分与においては、一般的な財産分与と言われているもので、婚姻期間中に夫婦で築き上げた財産を公平に分け合うと言った事になります。ただし、この場合、折半と言う事ではなく、あくまでも、貢献度に応じて、公平に分け合うといった内容になっています。

その点においては、注意が必要です。

次に扶養的財産分与においては、離婚する事によって、どちらか一方の生活が困窮してしまう場合、それを助ける目的として、財産分与が行われる事を指します。

例えば、専業主婦(夫)の場合、急に仕事を見つけ、生計をたてる場合が難しいと判断された場合は、一定期間、扶養的財産分与を受け取る事ができるほか、病気などで生計をたてる事が難しい場合も、適応される財産分与になっています。

そして、慰謝料的財産分与においては、慰謝料を請求する事ができる場合において、慰謝料と区別せずに財産分与の一部として、まとめて支払う場合を指します。

この場合、この財産分与の中には、慰謝料も含んでいるという意味合いで、慰謝料的財産分与と言う言葉が使われる事になります。
熟年離婚に向けて、財産分与の準備を行う際は、以上の事に気を付け、まずは、自分自身で洗い出し、整理しておく事が大切になってきます。

退職金は、財産分与の対象か?

退職金においても、夫婦二人の共有財産と言う事が言え、財産分与の対象になります。すでに退職金が支払われた後の場合は、退職金を含めた財産を対象に財産分与を行えばいいのですが、退職金がまだ、支払われていない場合は、その貢献度に応じて、分与してもらう権利は十分にあります。

しかし、実際の所は、難しい事も多く、その点においても、準備期間に明確にしておく事をお勧めします。また、わからない事は、専門家にあらかじめ、相談しておくと良いかと思います。

年金について

熟年離婚の場合、既に年金生活の人や今後、近い将来、受け取る事ができる年金においても、十分に理解し、離婚準備を行わなければいけません。
まず、離婚する際、行う事ができる年金の分割においては、「合意分割」と「3号分割」があります。

まず、合意分割においては、その名の通り、夫婦間も合意の元行われる年金の分割で、対象は厚生年金のみ。最大50%になっています。対象は厚生年金のみと言う事で、国民年金や企業年金などにおいては、対象外になる為、注意が必要です。また、夫婦間で話し合いを持ち、合意を得なければいけない為、話し合いが難航する事も覚悟しておく必要もあります。

次に3号分割においては、合意を得る事ができなくても、年金の分割を行う事ができる仕組みになっており、この場合、対象になる年金は、妻が第3号被保険者だった期間の夫の厚生年金のみとなります。この場合においても、国民年金や企業年金においては、対象外になります。

この結果、一見、離婚後の年金においても、心配がないように思えるかも知れませんが、実際は、それほど、甘いものではなく、あまり、過剰に頼ってしまうと後に困った事にもなりかねません。その為、まだ、年金の受給が始まっていない人などは特に、実際、いくら年金がもらえるのか、あらかじめ金額を調べておく必要があります。

子供に関する準備

熟年離婚にもなると、子供の問題においては、少し軽減される事もあるかと思います。しかし、まだ、成人していない子供がいる場合は、いくら、熟年離婚だと言っても、子供の親権や養育費問題が発生します。

その為、未成年の子供がいる場合においては、それらにおいても、十分な準備を行い、あらかじめ、親権をどうするのかなど考えておく事をお勧めします。

まとめ

熟年離婚の場合、子供に関する準備や悩みは、多少、軽減される場合も多いかと思いますが、やはり、お金に関する準備だけは、しっかり行っておく事が大切になってきます。今まで築き上げてきた財産を調べ、また、手にすることができる年金額を調べる事で、大まかな総額を確認する事が可能です。

その上で、離婚後、どのように生計を立てていくのか検討し、場合によっては、就職先や生活の基盤なども決めておくと、離婚後の生活において、不自由を減らす事ができるようになってくると言えるのです。

・相手が携帯を見る時間が増えた
・相手が携帯にロックをかけるようになった。
・休日出勤や仕事が増えた。
・疑わしいメールを見てしまった。
・SNSで、夫の嘘を見破った。

この中で一つでもあればこちらの記事へ

スポンサーリンク