離婚レスキュー

旦那・妻の浮気体験談をぶっちゃけてもらい、離婚を応援するサイトです。

いろんな離婚のメリット、デメリットとは?

jswnowodnvw

離婚する際には、大きく分けて、協議離婚、調停離婚、審判離婚、裁判離婚の4つの方法で離婚を進めていく事になります。

それら4つの方法には、それぞれ、メリット、デメリットがあり、それらを理解した上で、どの方法を選べば良いのか考え、選択する事が大切になってきます。

協議離婚のメリット、デメリットについて

離婚する多くの夫婦が選択する方法でもある協議離婚。およそ90%の人がこの協議離婚を選び離婚を行っています。非常に簡単な方法となっており、離婚届を提出すれば成立するようになっています。

その為、離婚が成立するまでの期間が短いといったメリットや面倒な手続きを一切行う必要もありません。

その為、費用の負担もありません。また、夫婦での話し合いのみで決める事になる為、財産分与や養育費、慰謝料においても、相場より高い金額で成立する場合が多いようです。これらのメリットがある一方、もちろん、デメリットも考えられます。

例えば、離婚したい気持ちだけが先走り、大切な取り決めを行わないまま、離婚してしまうケースや口約束のみで取り決めをしてしまうケースなどです。

口約束で、財産分与や養育費などの取り決めを行う事は非常に危険で、後に問題になる事が十分に考えられます。

その為、協議離婚においても、このような重要な取り決めにおいては、公正証書を作成し、残しておく事が大切になってきます。

調停離婚のメリット、デメリットについて

夫婦間の話し合いでは、離婚が成立しない場合、間に調停委員に入ってもらい、離婚を行う方法が調停離婚です。場所は、家庭裁判所になります。

この調停離婚の場合、第三者である調停委員が間に入る為、お互い冷静な気持ちで話し合いを進めていきやすい環境になっています。

どうしても、夫婦のみや家族、知人に間に入ってもらっただけでは、話し合いを進めていく事が難しい場合もあります。

しかし、第三者のプロに入ってもらう事で、そのような事もなく、話し合いを進めていく事が可能になっています。

その他、調停離婚の場合、直接、相手と顔を合わせ話し合いを行う必要がない為、気が楽な場合もあります。また、調停がまとまり、作成された調停証書には、強制力がある為、それに示されている養育費などにおいては、強制的に回収する事が可能になっています。

その上で、調停離婚にかかる費用は、弁護士を利用しない場合、負担も少なく、2000円前後となっており、費用を気にせず、行う事ができるようになっています。

一方、デメリットとしては、弁護士に依頼せず行う場合、すべてを自分で行わないといけなくなり、その場合、平日に月に1回程度、2時間の調停に参加しなければいけません。また、最短で2か月、長い場合は1年程度、解決するまでに時間がかかるため、その間、何度も調停に足を運ぶ事になります。

だからと言って、弁護士に依頼すると弁護士費用が必要になり、費用が必要になってきてしまいます。

審判離婚のメリット、デメリットについて

審判離婚の場合、調停での話し合いの結果、離婚が成立しなかった場合、家庭裁判所の判断によって、離婚を成立させる事を指します。もちろん、不服がある場合は、2週間以内に反対すれば、無理矢理、離婚が成立する事はありません。

メリットとしては、話し合いがこじれた場合でも、家庭裁判所の判断で離婚を成立させる事ができると言った点です。また、この審判離婚において、離婚が行われる事は、とても少なくなっています。

裁判離婚のメリット、デメリットについて

裁判離婚は、調停での話し合いでも離婚が成立しなかった場合に行われる離婚方法になっています。調停での話し合いが上手くいかず、どちらかが裁判所に訴えを起こせば、行われる仕組みになっており、裁判の結果、離婚を認める判決が出れば、離婚が成立する流れになっています。この裁判離婚まで行う人は、ほんの極わずかになっており、全体の1%ほどだと言われています。

そんな、裁判離婚を行うメリットとしては、裁判と言う事で、家庭裁判所、高等裁判所、最高裁判所の順に上告していけば、いつかは必ず、離婚の決着をつける事ができるようになっている点です。そして、その判決には強制力がある為、安心です。

しかし、この裁判離婚の場合、デメリットも多く、裁判離婚まで進んだ場合、長ければ3年ほど決着までに時間がかかる事もあります。また、ここまで進んでくると、自分一人で裁判を続ける事は難しく、弁護士に依頼する事が多くなってきます。よって、その間の弁護士費用の負担も重くなってきます。

まとめ

以上のように、それぞれの離婚方法には、メリット、デメリットが存在します。

とは言っても、多くの人の場合、協議離婚で離婚を成立させる事が多く、よく行っても、調停離婚に進む程度かと思います。協議離婚の場合、離婚届の提出のみで決める事ができる離婚方法となっており、一見、円満離婚が多いように思えるかも知れませんが、実際のところ、そういった事は一切なく、勢いで離婚届を提出してしまう夫婦も少なからずいるようです。

そう言った場合は、後に決めなければいけない事が山積になり、かえって、面倒な事になる場合も十分、考えられます。

その為、やはり、離婚する際は、十分な時間をかけ、話し合いを行う事が大切です。話し合う内容としては、離婚を行うのか、回避する方法があるのか。

また、慰謝料が発生するような理由の有無、財産分与や養育費、親権について。

また、子供への面会権などが主な内容となっており、これらにおいては、協議離婚だけではなく、調停離婚などに進んで行った場合でも、話の中心になってくる問題となっています。

その為、離婚する際には、お互い、明確にしておく事が大切になってきます。

こちらの記事へ

スポンサーリンク