離婚レスキュー

旦那・妻の浮気体験談をぶっちゃけてもらい、離婚を応援するサイトです。

離婚に関するウソ!ホント!

 

2

離婚に関する情報は、ネットや巷で色々と噂になっている事も多く、その中には、実際、ウソや間違った情報、勘違いなども多くなっています。

その為、実際、自分が真剣に離婚について考える場合、そのような、ウソや噂話に惑わされるような事がないよう、注意する事が大切になってきます。

浮気が原因での離婚の場合のウソ!ホント!

離婚が原因で離婚する場合、最も大切になってくるのが、その際、慰謝料請求を行う事ができるかと言う事です。慰謝料の定義は、どちらか一方が一方的に相手に損害を及ぼした場合に発生するものになっています。

それは、夫婦間の場合、相手の浮気によって、心的な損害を受けたという事になり、慰謝料請求を行う事ができる事は事実、つまり、ホント!です。
その上で、まず、どのような基準で慰謝料の額が決まってくるのかと言う事を把握しておく必要があります。

まずは、相手の年収から算出されるという事です。相場は、100万円から300万円と言った範囲が最も多く、有名芸能人のような大金を慰謝料としてもらう事は、一般の人の場合、かなり、難しくなってきます。

とは言っても、収入だけではなく、様々な事から考慮し、慰謝料が決まってくると言う事も事実です。例えば、婚姻期間が長ければ長いほど、浮気によって与えられたショックが大きいという事で、慰謝料の金額をアップさせる事が可能です。

その他、浮気を行っていた期間、回数なども慰謝料の算出に大きく影響してきます。

また、意外と知られていない事が浮気を相手が認めなかった際、その後、証拠の提出などによって、認めなければいけない状態になった場合は、嘘をついた罰として、慰謝料をアップさせる事が可能になっています。その為、一度、「浮気などしていない」と嘘をつかれてもあきらめることなく、証拠集めを行う事で、結果的には、慰謝料をアップさせる事も可能です。

その他にも、浮気相手が妊娠、出産をしていた場合などは、よりショックが大きいという事が言え、慰謝料をアップさせる事ができるほか、浮気相手に大金を貢いでいたという事実が明らかになった場合なども慰謝料のアップを行う事が可能になっています。

このように、浮気が原因で離婚を行う場合、最も重要になる慰謝料請求においては、細かな決まりごとが多い為、少しでも多くの慰謝料請求を行いたいと思うならば、専門家へ相談する事もお勧めになってきます。

離婚する際の財産分与のウソ!ホント!

まず、財産分与とは、婚姻中、夫婦2人で築き上げた財産を離婚する際、分配する事を指します。この分配方法には、「それぞれ、貢献度に応じて分配する。」となっており、専業主婦の妻と夫の場合、専業主婦だから収入がなく、1円も財産分与を行う事ができないという事は、ウソ!

その為、いくら、夫が財産分与を拒んだとしても、正当な理由で財産分与を行う事が可能です。そこで注目されるのが「貢献度に応じて」と言う項目です。

その為、中には、専業主婦だから、少ししか財産分与の権利がないなどと言う夫もいるようですが、基本的には、夫婦における貢献度は、1/2。その為、折半されるのが基本になっています。なので、そんな事を夫に言われたからと言って鵜呑みにせず、きっちり、財産分与は折半してもらう事が大切です。

その他、婚姻前からの財産や親の遺産がある場合、それも、財産分与の対象になるのかと言う事は、ウソ!これらの資産においては、個人の資産と見なされ、財産分与の対象外になってきます。

また、負の財産。つまり、夫婦のどちらかに借金がある場合、財産分与を行う際に対象になってくるのかという点においては、ウソ!ともホント!とも言い難いのが現状です。

夫婦共有の借金の場合は、財産分与を行う際、その借金も対象になるものの、ギャンブルなどどちらか一方が一方的に使用する為に作った借金においては、対象外になります。

また、財産分与は、離婚する際に決めなければ、今後、請求する事ができないという事においては、全くのウソ!になります。理想としては、離婚する際に、財産分与においても明確にした上で、きっぱり、離婚する事が望ましいと思います。

しかし、離婚する際には、他にも決めなければいけない事も多く、また、すぐにでも離婚したいと思い、財産分与の事など考えずに離婚してしまう場合もあるかと思います。そのような場合でも心配はいりません。

離婚が成立した後でも、財産分与は可能です。ただし、離婚後2年以内と言う期日がある為、その点においては注意が必要です。

これらの他、慰謝料と財産分与の関係においては、「この両者は、全く別のものである」という考えは、ウソ!になってしまいます。もちろん、慰謝料と財産分与は別のものです。しかし、多くの場合、慰謝料が発生する際、財産分与に中に入れる事も多いのが現状です。

その為、離婚後、慰謝料問題で揉める事のないよう、もし、財産分与の中に慰謝料を組み込む場合は、細かく明記したものを作成しておく事をお勧めします。

離婚する事ができる条件のウソ!ホント!

一般的には、夫婦の同意の元、離婚する事が必要です。しかしながら、時と場合によっては、そんな同意が難しい場合があります。そんな時、離婚したいと思う場合は、どうなるのでしょうか?

まず、強度の精神病などで回復が見込まれない場合でも、夫婦はお互いに助け合い、生活していかなければいけないという理由から、離婚する事ができないという事は、ウソ!です。もちろん、夫婦は、どんな時も、お互いに助け合い、生活していく事が基本です。

しかし、それは、あくまでも理想論であり、重度の精神病などに陥った場合、医師の診断を元に裁判所の判断で離婚する事は可能になっています。ただし、この場合、離婚後の生活の目途が立っているなど条件は厳しく、そう簡単に離婚が認められる事はありません。

離婚後の生活の目途が立ち、もう、夫婦関係の修復が完全に難しいなどが判断された場合、離婚する事が可能となっているのです。とは言っても、アルコール中毒や薬物中。ヒステリーやノイローゼなどと言った病に関しては、精神病とは認められません。

その他、配偶者の生死が不明の場合、離婚する事ができると言う事は、ホント!です。ただし、この場合、3年以上、生死が不明と言う条件が付きます。その上で、地方裁判所に提訴し離婚を行います。この場合、その後、生存が判明した場合でも、離婚が取り消される事はありません。

このように、一般的な夫婦での話し合い、又は、お互い同意の元での裁判離婚とは違い、夫婦どちらかが離婚に対する意思表明ができない場合でも、状況に応じて離婚する事は可能です。

まとめ

以上のように、離婚に関係する内容においては、ウソ!やホント!と言った勘違いなども多くなっています。その為、真剣に離婚について考える際は、そんな、間違ったままの知識ではなく、十分に調べた上で、判断していく事をお勧めしたいと思います。

そうする事で、きっと、失敗にない離婚を行う事ができると思います。

こちらの記事へ

 

スポンサーリンク