離婚に適したタイミングってあるの?

jdsnnnwgwe 離婚する前に読んどくべき知識
スポンサーリンク

こちらの記事へ

jdsnnnwgwe

日本人は、何かと節目、節目を大切に生活する文化があります。入学、卒業、就職、結婚。その後、出産、退職など様々な節目を経験し、日々、生活しています。

では、離婚に適した節目、いわば、タイミングなどはあるのでしょうか?結婚の場合、様々なタイミングで結婚に至った人も多いかと思います。

例えば、転勤をきっかけに遠距離になる前にと言った場合や誕生日を迎え、何歳になった時や何歳になる前にといったきっかけ。

また、おめでたをきっかけに結婚した人もいるかと思います。何らかのタイミングによって、結婚した場合、離婚においても、何らかのタイミングは重要になってくるのでしょうか?

また、離婚経験者は、タイミングを考え、離婚しているのでしょうか?

熟年離婚と言うタイミング

5

厚生年金分割制度というのが施行された事から、この熟年離婚と言う言葉が一時期、よく使われていました。

この熟年離婚と言う言葉も、離婚のタイミングの一つだと言えるのではないでしょうか。

熟年離婚とは、今まで我慢してきた妻が一方的に離婚を申し立てるイメージが強くなっています。

その理由は、主に老後、夫と一緒ではなく、一人で自由な生活を送りたいといった事が多いようです。

夫が退職し、今後、夫と一緒に暮らしていく事ができないといった考えの人が熟年離婚に踏み出すのです。

今までは、専業主婦が離婚した場合、夫の厚生年金を受け取る資格はありませんでした。

その為、老後、国民年金のみしか受け取る事ができず、生活する事など出来ない状況と言う事もあり我慢していた妻も、この厚生年金分割制度というのが施行された事から、離婚後も夫の厚生年金を分割し受け取る事ができるようになり、一気に離婚に踏み切る事になったのです。

これも、いわば、離婚に適したタイミングと言えるのではないでしょうか。今まで生活の事を考え、我慢してきた妻が、この制度により離婚に踏み切る事ができるようになったというタイミング。

現に、この熟年離婚と言う言葉が流行になるほど、多くの熟年夫婦が、この制度の施行後、離婚するようになりました。

子供の成長に合わせての離婚と言うタイミング

1

子供がいる場合、そう簡単に離婚する事は出来ません。

その為、多くの夫婦が、子供の成長を考え、タイミングを計り離婚しているようです。例えば、子供が成人したら。

高校を卒業したらと言った親の義務を果たしてから離婚を行う場合やお受験に差し支えのないよう、お受験が終わってからタイミングを見計らって離婚する夫婦も多いようです。

有名幼稚園や小学校への受験の場合、夫婦2人で面接に行く事が鉄則です。

その為、それまでは、いくら夫婦関係が冷え切っていたとしても、表面上、仲の良い夫婦を装い、無事に子供が合格をつかむ事ができた暁には、晴れて離婚するといった夫婦も多くなっています。

その他、子供の入学や進級に合わせ離婚する場合も多く、離婚によって転校する必要がある場合などは特に子供の進級に合わせ、離婚を行う事が多いようです。

また、苗字を変更する場合などは、変更しやすいタイミングと言う事で、小学校や中学校入学と同時に離婚し、苗字を変更する場合も多くなっています。

子供にとって、親の離婚と言うものが与える精神的ショックは、親の想像以上のものが考えられます。その事から、多くの子持ち夫婦は、離婚する際、子供の事を考え、タイミングを計る場合も多くなっています。

離婚後の生活に目途が立ってから離婚と言うタイミング

 

女性の場合、特に離婚後の生活に不安を持つ人も多いかと思います。専業主婦やパート収入のみの人の場合、離婚し、一人で生活費を稼ぐ事ができるかと言う事は、非常に大きな問題です。

その為、離婚を考える女性の中には、離婚に向けて、資格取得や就職に向けて動き出し、その後、無事に離婚後の生活基盤が整えば、離婚話を切り出すと言った人もいるようです。
ただし、男性の場合は、金銭的な問題は少ない為、このような考えの下で離婚のタイミングを計る人は珍しいかと思います。

離婚のタイミング

sjkncqjnwkcn

以上のように離婚にもタイミングと言うものがないわけではなりません。もちろん、結婚する際に離婚のタイミングを考える人などいないと思います。

その為、様々な夫婦間のトラブルの結果、離婚に至り、タイミングなんて関係なく、離婚する人が大半と言えるかもしれません。

しかし、このようにタイミングを計り離婚する事で、離婚後の生活が大きく変わってくる事も確かなのです。

特に子供への精神的負担を考えた場合、子供の成長に合わせたタイミングで離婚するといった事は、大切なタイミングの一つだと言えると思います。

もちろん、子供の為、子供の為と我慢し、離婚を先延ばしにする事も、子供の成長に良いと言われていません。その為、我慢し結婚生活を続ける必要はありません。

また、離婚後の生活に不安がある人にとっては、勢いで離婚するのではなく、今後の生活基盤を固め、その上で離婚する事で、離婚後も安定した生活を送る事ができるのです。

これらの事から考えると、やはり、離婚後の生活を考え、より良い離婚を行う為には、多少なりともタイミングと言うものが大切になってくるのではないでしょうか。

こちらの記事も参考にどうぞ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

こちらの記事へ

コメント