離婚レスキュー

旦那・妻の浮気体験談をぶっちゃけてもらい、離婚を応援するサイトです。

離婚の悩みを解決させたい。本当にその離婚必要ですか?

大好きな人と結婚し、そして、その人の子供を出産した人でも、何らかの理由で離婚について考える必要が出てきてしまう人もいます。その理由は人それぞれ。夫の浮気や自分自身の浮気。その他、金銭問題や性格の不一致など様々な理由が考えられると思います。

しかし、本当にそれらは解決する事ができない内容なのでしょうか?子供の事を考え、一歩、離婚において踏みとどまる事はできないでしょうか?

子連れ離婚の大変さ

子連れで離婚しシングルマザーになった人の中には、お金の問題の悩みを抱えている人も少なくありません。共働きだった人でも今まで2人で稼ぎ、2人で家事や育児をしていた時とは大きく異なった生活になってきます。また、専業主婦やパートのみだった人の場合、子供と生活するだけのお金を自分一人で稼いでいかなければいけません。

その上で家事や育児。園や学校行事への参加。子供との時間の確保などを考えると自分自身に使う事ができる時間など全くないと言っていいほどの生活を送っている人がほとんどです。そんな、目まぐるしい生活を送るうえで、今後の生活の事を考え、お金の事が心配でたまらないと言ったシングルマザーは少なくありません。

また、子供に寂しい思いをさせないようにと二人分頑張るお母さんも少なくありません。子供の運動会やテーマパークなど行く際、どうしても、周りの家族連れに目が行ってしまいます。その為、そんな時でも子供に寂しい思いをさせたくないと思い、精一杯頑張るお母さんが多くなっているのです。

親の離婚が子供に与える影響

親の離婚が子供に与える影響は計り知れません。
例えば、同じ離婚するなら子供が小さいうちに離婚する方が良いと考える人も少なくありません。この小さいうちにと言うのは、乳児から物心がつく2歳までの間を指します。

確かにこの頃の記憶を持つ人は少なく、この頃に離婚する事で父親が居なくなると言う寂しい気持ちを子供に感じさせる事はないかと思います。その為、決して、この考えが間違っていると言う事は言えないのですが、だからと言って、この時期だったら子供の事を気にせず、離婚する事ができると言うわけではありません。

この時期は、子供にとって最も愛情が必要な時期となっています。その為、決して、子供がわからないからと軽視する事は危険です。どうしても、離婚しなければいけない状況にある際は、少しでも早くお母さんの元気な顔を子供に見せる努力を行い、一人で二人分の愛情を注いであげる事が大切です。

その後、3歳以上になった子供は、親の不仲さを感じ取る年齢になってきます。その為、離婚問題で揉めている家庭の子供は、毎日、不安いっぱいの日々を送る事になります。「自分が幼稚園や学校に行っている時にお母さんが居なくなってしまうのでは?」などと言う不安を抱え、登園、登校する子供も少なくありません。

子供がそんな気持ちになっていると言う事を親として深く受け止め、少しでも早く、子供が安心して生活する事ができる環境を整えてあげる事が大切になります。

子供がいる際の離婚手続きにおいて

子供がいる場合の離婚手続きにおいては、子供の事においてもいくつかの取り決めを行い進めていく必要があります。
まずは、親権です。どちらが子供の面倒を見るのか?どちらが子供の財産の管理を行うのか?などを指し、離婚する際には必ず決めなければならない問題になります。両親の話し合いで解決する事が難しい場合は、家庭裁判に間に入ってもらい決めていく流れになります。

これと同時に発生するのが養育費です。子供の面倒を見ない方が支払う義務のある養育費。その為、父親だけではなく母親にも同じように子供を育てる事ができない場合、発生する事になります。

この養育費においては、裁判所が決める算出方法を基準に決める事も可能です。もちろん、お互いの話し合いのみで額を決める事も可能ですが、どちらにしても、その後、養育費問題に発生する事を防ぐため、正式な書面で取り決め内容を残しておく必要があります。

また、これらの取り決めを行ったうえで、離れて暮らす親に与えられる面会交渉においても取り決めを行う必要があります。例えば、月に1回、2回と言った感じで回数を決める場合が多くなっています。

子連れ離婚に対する社会の目と助成金制度について

シングルマザーに対しての社会の目は、まだまだ厳しいものがあります。特に小さな子供がいる場合、再就職先を見つける事すら難しいと言う事も少なくありません。その為、その事を覚悟した上で離婚を考える事が大切です。

とは言っても、そんなシングルマザーにおいて冷たいだけの社会ではありません。様々な助成金制度があり、うまく活用する事でシングルマザーでも十分な生活を送る事も可能になっています。
まずは、児童手当。児童手当においては、両親が揃っていてももらう事ができる助成金制度となっている為、引き続き受給する事ができるように手続きを行えば良いだけとなっています。

ただし、児童扶養手当や児童育成手当においては、一人親家庭への支援となっている為、手続きを行う必要があります。この場合、所得制限などが設けられているものの、それに値しない場合は、子供一人に対し助成金を受け取る事が可能になっています。

その他にも各自治体においては、母子家庭・父子家庭の住宅手当と言うものもあり、条件によっては受給する事が可能となります。
このように、シングルマザーにも優しい社会になっていると言えるかと思います。

しかし、世の中では、実際のところ、シングルマザーの生活は非常に厳しいものと言われています。それは、子供の進学にも大きく関わってくるとも言われており、現実は、厳しいものだと言う事を知っておく事も大切です。

もちろん、離婚する事で子供に良い影響が及ぶ事も…

子供の事を考え、離婚を考え直す事も大切かも知れません。しかし、反対に離婚する事で子供にいい影響を与える事も場合によっては十分に考えられると言えるのです。

喧嘩が絶えない両親の間で暮らす子供は、心に深い傷を負う事もあります。また、DVのように暴力をふるわれる環境で育つなどと言った事は、本当に最悪の環境と言っても過言ではありません。

そんな自分にも子供にも最悪の家庭環境である場合は、離婚を選ぶといった選択しも間違いではないと言えるのです。