離婚レスキュー

旦那・妻の浮気体験談をぶっちゃけてもらい、離婚を応援するサイトです。

離婚する前に妻をストーカーする旦那

0529003

一緒に暮らしてみて初めてわかることって案外多い

離婚やバツイチ、シングルマザーの人が増えた日本では、離婚をしたからといって、その後生きづらい思いをすることもなくなってきたように感じます。

しかし、だからといって離婚はあまりおすすめするものではなく、離婚をするには非常に体力と時間、気力が必要になってきます。
そういう私も離婚をした一人ですが、なぜ離婚したのかと問われると、結婚前に結婚相手のことをよく知らずに結婚してしまった、この一言に尽きると思っています。

付き合っている時は、食事に行けば奢ってくれ、デートの時間にも遅れてくることなく、喧嘩もほとんどすることがなかった二人だったのですが、結婚して一緒に暮らしてみると、本当に些細なことで喧嘩をし、そのたびに二人に距離ができてしまっていたのです。
0607006

子供がいなかったことで我慢もできずに

私たちに子供がいなかったこともあり、旦那との関係が悪化すればするほど、その愚痴や仕事でのストレス発散を女友達との食事や旅行で発散し、またそれが旦那との溝につながっていく形になってしまったのです。

一緒にいるメリットがない、なんのために結婚しているの、年賀状を用意する時やお歳暮の時期、旦那の親戚関係の用事など、本当にストレスで嫌で嫌でたまりませんでした。

離婚しても経済的に生活していける、残りの人生このままでいたくない、そう決意し旦那に打ち明けたところ、他の男がいるのか、俺を捨てるのか、お前だけ幸せになるなんて許せない、そういいながら家中のものを私に投げつけてきたのです。

今まで見たことがない旦那の姿がそこにはあり、恐怖や身の危険を感じ、その日のうちに家を出てしまいました。

調停離婚をしたことで

家を出てからは、旦那がストーカーのように仕事場にまちぶせしたり、スマホに着信履歴が全部埋まるくらい履歴が残っていたりと、話し合いをするにも怖くて旦那と会えない精神状態になってしまっていました。

義両親や私の両親とも交えて話し合ったり、共通の友人に入ってもらって話し合ったりもしましたが、別れたい私と別れたくないの旦那の平行線で話はつかずに調停離婚をしたのです。

離婚を経験する夫婦は多くいるものの、私の周りには調停離婚を経験した人はいなかったので、不安や手続きなどが大変で、結婚していた時と比べて3キロも体重が減ってしまうくらい精神的にも辛い日々でした。

また、旦那を変えてしまったのは私なのではないのか、ギャンブルや酒癖が悪いわけでもないのに別れなくてもよいのではないのかなど、自己嫌悪にも陥っていました。
0607008

それでもやっぱり別れたかった

いろいろな葛藤の末、このまま二人が一緒に暮らしていても一緒に笑えない、幸せになれないという決断をし、何よりもまた暴力を振るわれるのではないかという恐怖心も拭いきれなかったので、離婚することにしたのです。

結局調停離婚が成立するまで、家を出てから1年近く経ってしまいましたが、離婚が成立した時には肩の力が軽くなるのを感じました。
しばらくは恋愛とかはいらない、こりごりだと思っていたのに離婚して2年したくらいから気になる人ができ、今ではその人と付き合うこともできています。

結婚をするのかはまだわかりませんが、あの時一歩踏み出して本当に良かったと思っています。
死ぬ瞬間に後悔したくない、毎日笑顔で楽しく過ごしていたい、そのために離婚をすという手段は決して間違っていなかったと思っています。