離婚レスキュー

旦那・妻の浮気体験談をぶっちゃけてもらい、離婚を応援するサイトです。

離婚後の苗字や戸籍についてどのような手続きが必要か?期限が設けられている場合も。

a51a89abd58e757836fb6c454a54d004_s
離婚する際、子供の有無にも大きく関係してくるかと思いますが、離婚後の苗字や戸籍について気になる事もあるのではないでしょうか。旧姓に戻るのか?それとも、今まで通りの苗字を名乗るのか?また、その際にどのような手続きが必要か?など気になる点において、お話したいと思います。

・離婚後の苗字について(夫・妻の場合)

離婚後は、民法上旧姓の苗字に代わる事になります。ただし、離婚の日から3ヵ月以内に「婚氏続称の届出」というものを居住する管轄の役所に提出する事で、原則として結婚している間の苗字を離婚後も名乗ることが可能になります。その為、離婚後も結婚している間の苗字を名乗り続けたいと思う場合は、離婚後3か月以内に手続きを行う必要があります。

では、そんな事を知らずに3か月が過ぎてしまった場合は、諦めるしかないのでしょうか。原則として、3か月が過ぎてからでも家庭裁判所に申し出る事で、結婚している間の苗字を名乗る事が可能になります。しかし、この場合、「やむを得ない事由」を家庭裁判所に認めてもらう必要があります。「やむを得ない事由」とは、生活に支障を来しているといった厳格な理由を指し、ただ単に変更したいと言ったような場合は、それに値せず、苗字を変更する事はできません。

また、反対に離婚後、結婚している間の苗字を選択した場合でも、その後、旧姓に戻りたいと思った場合は、家庭裁判所の許可が必要となり、この場合も「やむを得ない事由」が必要となります。
このような事から離婚後の苗字選択は、慎重に行う事をお勧めします。

・離婚後の苗字について(子供の場合)

子供の場合、両親が離婚したとしても子供の苗字が変更される事はありません。何も手続きを行わなければ、子供の場合、今まで通りの苗字を名乗る事になります。そのような事から、例えば、親権を持った母親が旧姓に戻った場合、母と子で苗字が違ってしまうと言った事が起こってしまいます。

また、苗字が異なる場合、同じ戸籍に入る事はできません。その為、母親と子供が同じ戸籍に入る為には、原則として子供の苗字の変更許可申立を管轄する家庭裁判所に申し出て、入籍届を役所に出す必要があります。と言う事は、子供は母親の旧姓を名乗る必要があると言う事になります。

・離婚後の戸籍について(夫・妻の場合)

離婚後の戸籍については、婚姻により苗字を改めなかった人は、離婚後も戸籍に変動はありません。その為、そのままの戸籍にとどまる事になります。
一方、離婚によって旧姓に戻った場合は、原則として婚姻前の戸籍に戻る事になります。

その他、例外ではあるものの新戸籍を作る事も可能です。この場合、婚姻前の戸籍が除籍されている場合や婚姻前の苗字に戻った人が新戸籍編製の申し出をする場合。その他、婚姻時の苗字を名乗りたいとして婚氏続称の届け出を行った場合などとなります。

これらに当てはまる場合、新戸籍を作る事が可能となりますが、新戸籍の後、やはり婚姻前の戸籍に戻りたいと思っても戻ることはできません。その為、新戸籍を作る際は、十分に考えた上で手続きを行う事をお勧めします。

・離婚後の戸籍について(子供の場合)

子供の戸籍については、手続きをしなければ離婚後も従来通りとなります。自動的に親権者の戸籍に移ると言う事はありません。その為、親権者が母親の場合、手続きを行う事で子供と一緒の戸籍に入る事が可能になります。
ただし、この場合、母親と子供の苗字が同じでなければいけません。その為、母親が離婚後、苗字を旧姓に変更した場合は、子供の苗字も母親の旧姓に変更させる必要があります。

・まとめ

以上が、離婚後の苗字や戸籍についてとなります。苗字を変更する際には、期限が設けられている為、早めの対策が必要です。また、子供がいる場合は、苗字においても戸籍においても、少し複雑になる事がある為、必ず一つ一つ確認しながら手続きを行う事をお勧めします。