離婚レスキュー

旦那・妻の浮気体験談をぶっちゃけてもらい、離婚を応援するサイトです。

不妊治療をしていた私。しかし旦那が浮気相手と子どもを作ろうとして・・

idfiwefwf

私がまだ20代前半だった頃、同じ職場でFという自分より少し年上の女性がパートとして入社してきました。年齢が近かったこともありすぐに親しくなり…彼女が結婚後数年経つのに妊娠することができず、いろんな産婦人科を訪れたり不妊治療をしている、という話を彼女から聞きました。

当時、今のように妊活なんて言葉は存在せず、どちらかというとひっそり行うもの、といった印象でしたが、初めて不妊治療という言葉に触れ、同情のような、同じ女性として共感するような…なんともいえない気持ちがわいたのを今でも覚えています。

そういう話を聞き始めてから、思い入れというか。割と他人事じゃない、彼女のことをそんな風に感じ始めた頃、Fの旦那さんが浮気をした、ということを知りました。その時の彼女の動揺はものすごくて私の心も大きく揺れました。

というのも、彼女の旦那さん、その浮気相手と子どもを作るきもちで子どもを作った、と言うんです。まるで自分が不妊の原因じゃないよとでも言うみたいに。わざと作る気持ちで子どもを作った、と。彼女にそう伝えたと言うのです。

それを聞いた時、こんな人間がいるんだ、と。物凄くショックというか、正直言って立ち直ることができないレベルの傷を負ったような気持ちになりました。もちろん、当事者である彼女ほどではないですが、とてつもなく悲しい気持ちになったのです。

ただその時、相談されて…彼女に向かって、「両親に相談してみたほうがいいよ」と言ってしまったのですが、そのしてしまったアドバイスを今でも後悔しています。というのも、彼女の両親に言ったら確実に離婚をすすめますよね。内容が内容だけに。

でも、後で考えてみたら、それでもFはもしかしたら旦那さんと暮らしていきたかったかもしれないと。旦那さんのことを好きだったかもしれない、と思ったんです。私が離婚への後押しをしてしまったような気がして。ものすごい後悔の念にさいなまれました。

私を傷つけないためか、彼女は「後悔していない」と言ってくれましたが。今でもあの時安易に言うべきではなかったと後悔しています。相談は聞いてあげるだけでよかったんだなと。恋愛や離婚については、外野はなにも言うべきではない、ということにその時初めて気がつきました。多分、これからもずっと後悔していくと思います。

ちなみに、Fの旦那さんの浮気相手は、わざと妊娠した、という割に結局堕胎したそうです。思うに、彼女の旦那さん(W不倫だったんです)との子どもなのか、浮気相手(Fの旦那さん)との子どもなのか、わかんなかったんじゃないかな?と思います。Fの旦那さんの浮気相手夫婦は離婚せずにそのまま夫婦を続けているらしいです。F旦那から慰謝料をもらったとかなんだとか。まぁ、それについては自業自得ですが…。

彼女は浮気相手から慰謝料をもらわなかったようです。どこまでいい人なんだか。今でもFのことを考えると…胸が痛いです。

  • スポンサーリンク