離婚レスキュー

旦那・妻の浮気体験談をぶっちゃけてもらい、離婚を応援するサイトです。

【離婚】離婚のメリットとデメリットを正しく理解しましょう

3

一般的に離婚と聞くとどうしてもマイナスイメージが付きまといますが、果たして本当に離婚を行うことは人生においてマイナスになるだけなのでしょうか。

離婚という行為は婚姻解消を行うと言うことであり、形式上は特別悪いことではありませんし人生において離婚を選択せざる負えないという場面に遭遇することも有るでしょう。

例えばDVやモラハラといった問題を抱えている夫婦の場合、離婚しないままでいた場合にはその状況を改善することはまず不可能ですし、離婚しないことによりさらにDVなどがエスカレートしてしまうという問題も生じます。

この場合、離婚をすることにより今の状況から抜け出すきっかけになりますし、それにより悪い流れを断ち切ることも出来ることになります。その為夫婦間に何らかの問題を抱えている場合においては離婚という選択肢は決してマイナスなものではなく、メリットのあるプラスに働くものであることも多々考えられるわけです。

特に精神面に関しては確実に良い方向に進みますし、離婚をすることで始めて見えてくるものもあるはずですから、問題解決のための離婚というのは前向きな離婚と言えるでしょう。では離婚することのデメリットは何かといえば、まず一つ目が経済的な問題が必ず生じてくると言うことです。

離婚した場合、いままでは夫婦二人の収入、もしくは夫の収入のみで行ってきた生活がそれぞれ別の生活に変わりますので、経済的な面においても別々になるということが挙げられます。それは生活費だけでなく住む場所にも影響を及ぼしますから、離婚をすることで必ずこの経済的な問題が浮上することになります。

次に子供がいるかいないかでもデメリットが生じる場合があり、子供がいない場合は夫婦が別々になるだけですむのですが、子供がいた場合にはどちらが親権を持つのか、どちらと一緒に暮らすのかという問題も生じてきます。子供にとっては親の離婚は非常に精神的なダメージが大きなものとなりますし、そういった面においてもデメリットとなる恐れがあります。

もちろん円満に離婚が出来れば本人同士も子供がいた場合でも精神的なダメージが少なくなりますし、むしろ離婚した後のほうが仲が良くなったというケースも存在していますので、離婚をすることが必ずしもマイナスに働くと言うことではないと理解しておくべきでしょう。もちろんメリットとデメリットも正しく把握しておく必要がありますし、揉めるような離婚にならない様注意も必要です。

こちらの記事へ