離婚レスキュー

旦那・妻の浮気体験談をぶっちゃけてもらい、離婚を応援するサイトです。

法的に離婚が認められる理由とは

1

離婚理由のトップは、性格の不一致となっています。以外にも浮気など物的証拠があるものではなく、曖昧な理由での離婚理由が多くなっているのです。しかし、この理由が認められ、離婚する事ができるのは、多くの場合、お互いの話し合いによる協議離婚です。

話し合いだけで離婚が成立せず、調停離婚などに話が進んで行く場合、法的な離婚理由がないと離婚が難しくなってくる事も考えられます。特に一方的に離婚を申し出ている場合は、難しいと言えるのです。
では、法的に離婚が認められる為には、どのような理由が必要になってくるのでしょうか?

・不貞行為

不貞行為とは、簡単に言えば、浮気、不倫です。しかし、ここで注意が必要なのが、その不貞行為の回数や期間です。
民法770条で不貞行為とは「その意思にもとづいて配偶者以外の者と肉体関係をもつ場合」と定義されています。その為、1回の不貞行為でも、離婚する事ができるように思えるのですが、実際、裁判所の判断は、1回だけでの不貞行為は離婚の原因と考えられず、あくまでも継続して、男女の関係にあると言う事が必要になってきます。

・悪意の遺棄

悪意の遺棄とは、「夫婦は、お互いに助け合って生活しなければいけない」と言う事を怠る行為になってきます。
例えば、長期の家出や生活費を入れない場合や虐待、仕事や家事の放棄など細かな事が、この悪意の遺棄になってきます。
悪意とは、この場合、「夫婦関係の破綻を考えている場合や破綻しても構わないという意思」と言う事になり、悪意の遺棄の場合、この事が大切になってきます。

・その他

その他に求められる理由としては、三年以上行方不明、強度の精神病、婚姻を継続しがたい重大な事由があります。
三年以上行方不明の場合は、電話やメールでの連絡も三年以上ない状態を指します。また、強度の精神病とは、扶養の義務が果たせないほどの精神病であると言う事が必要であり、婚姻を継続しがたい重大な事由においては、嫁姑問題、浪費癖など様々な事由がこれにあたると言われています。

・まとめ

以上のように、お互いの話し合いで離婚が成立しない場合は、このような、法的に離婚が認められる理由が必要になってくる場合が多くなっています。
また、裁判所に提出する事が必要になってくる為、不貞行為の証拠や行方不明の証拠などを準備しておく事が必要になってきます。
その為、このような理由での離婚を考えている場合は、まずは、証拠集めを十分に行っておく事が大切。そうする事で、提出を求められた際にも慌てることなく、離婚話を進めて行く事が可能です。

子供がいる場合の離婚手続きの例

彼の不倫を探偵を使って調査した結果