離婚レスキュー

旦那・妻の浮気体験談をぶっちゃけてもらい、離婚を応援するサイトです。

専業主婦が離婚するには?離婚したいけど危険がいっぱい!

senngyou

専業主婦の場合、言うまでもなく現在、収入を得る事ができる仕事を一切していないと言う事になります。そんな、専業主婦の人が離婚をしてしまったら、一体、どのような事態が起こってしまうのでしょうか?

まず、専業主婦の場合、離婚後の生活において、様々な危険事項があります。具体的には、離婚後の生活費の確保です。再就職を行う事はできるのか?また、新居を見つける事は出来るのか?子供を引き取った場合、仕事と育児の両立は可能なのか?など、様々なハードルをクリアしていかなければいけません。

そのような事から、専業主婦が離婚を考える場合、どうしても、仕事をしている主婦より、生活費の確保などにおいて、危険が高いと言う事が言えるのです。では、実際、これらをどのようにクリアしていけばいいのでしょうか?

・離婚後の生活費について

専業主婦の場合、離婚後の生活費の確保においては、いくつかの方法が考えられます。もちろん、再就職を行うといった方法がベストな方法になってきます。その為、離婚を考え始めた時から、再就職に向けて動き出す事が大切です。条件などを書き出し、できれば、知り合いなどの紹介で再就職先を見つけると良いかも知れません。その方が、細かな条件の下、再就職先見つける事が可能になってきます。もちろん、ハローワークなどを利用し、再就職先を見つけると言った方法が基本になってきます。

とは言っても、なかなか、再就職などそう簡単に行う事も難しいかと思います。その為、当面の生活費として、離婚した際に相手からもらう事ができるお金について調べておく事も離婚後の生活における危険回避の一つになってきます。

例えば、離婚前に別居を始めた場合。この場合は、婚姻費用分担請求と言うものを行う事ができ、別居中の生活費を夫に請求する事が可能になっています。ただし、あくまでも離婚が成立するまでの期間になっている為、注意が必要です。

その他、財産分与について、把握しておく事も大切です。専業主婦の場合でも、結婚後の財産においては、共有財産と言う事で、半分もらう権利があります。これは、夫婦どちら名義のものでも、結婚後に築いた財産なら対象になってきます。その為、今ある財産がどれほどなのかと言う事を把握しておけば、当面の生活費にどれほど充てる事ができるか計算する事が可能です。

そして、夫に不貞行為など明確な離婚原因があった場合、慰謝料をもらう事が可能です。この慰謝料に関しても、できるだけ、一括払いでもらうようにする事で、生活費の一部として利用する事が可能になってきます。

・専業主婦でも、親権を取る事ができるのかと言う事について

専業主婦の場合、安定した収入がないと言う事で、子供の親権をあきらめなければいけないのかと言うと、決して、そうではありません。
親権者の決め方の基準としては、乳幼児の場合は、母親が優先的であるということ以外に子供の育児や世話を行っている人や実家などの援助を受ける事ができ、子供に接する時間を作る事ができる。などといった事が条件になってきます。これらから分かるように、親権者の決め方の基準において、安定した収入の有無と言う条件はありません。

その為、専業主婦だった人でも、十分に親権を取る事は可能になってきます。しかし、離婚後、子供を抱えての生活は、決して、楽なものではありません。その為にも、少しでも子育てしやすい環境を整える為、実家などに頼ると言う選択も、必要になってくるかと思います。

・シングルマザーの助成金について

専業主婦の場合、離婚後、子供ありでの再就職活動は、想像以上に大変になっています。その為、無理をせず、国の助成金などに頼る事もお勧めになってきます。
例えば、児童扶養手当の場合、一人親の家庭に支給される助成金になっており、子供の人数に応じて、金額がアップされて行きます。
その他にも、母子家庭等の住宅手当やひとり親家族等医療費助成制度などを利用する事で、少しは、日々の生活費を抑える事が可能になってきます。

・まとめ

以上のように、専業主婦の離婚には、危険がいっぱいとは言いながらも、その危険を回避する方法は、たくさんあります。財産分与や慰謝料での生活費の確保の他、子供を引き取った場合は、国の援助を受け、生活を助けてもらう事も可能です。

しかしながら、日本では、3組の1組が離婚しているとも言われる時代になっています。そんな時代に、結婚し、専業主婦になると言う事は、非常に大きな危険を伴う事だと言う事も言える時代なのです。その為、万が一の事を考えるのならば、少しでも離婚後の危険を回避する為、専業主婦ではなく、仕事を行うといった道を選ぶ方が賢明と言えるのかもしれません。

もちろん、専業主婦も立派なお仕事です。その為、無理に仕事を行う必要もありませんが、専業主婦の離婚は、危険が高いと言う事を知っておく必要はあるかと思います。

ただし、様々な制度などを利用する事で、当面の生活費には、困る事も少ないと言う事も同時に知っておく事で、万が一の離婚の際に落ち着いた行動を取り、離婚に関する危険性を少しでも回避させていく事が可能になっていると言えると思います。

 

専業主婦で離婚を考えているなら、是非、知っておきたい母子家庭の助成制度

【慰謝料】離婚する際に慰謝料は、誰でももらえるのか?

【注目記事】離婚の慰謝料ってどうやって決まるの?