【夫の浮気】夫の浮気が発覚したら離婚すべきかどうか

1 離婚する前に読んどくべき知識
スポンサーリンク

1

夫の浮気が発覚したらまずは話合うべし

女性のカンは鋭いので、夫の言動のちょっとした変化で、夫の浮気に気づいてしまう事があります。実は、「浮気」という物は、夫の浮気にしても妻の浮気にしても、気づかない方が、良いのです。隠れたままにしておいてくれれば、もめ事に発展しないですから。浮気が自然消滅すれば、何もなく結婚生活を続ける事ができます。

しかし、妻が「夫の浮気」の確定的証拠をつかんでしまえば、黙っていられません。ただ、浮気を夫に問い詰めた場合でも、夫自身はしらをきる事が多いです。浮気の事実は認めようとしません。男性というのは、元々もめ事が苦手な生き物です。特に女性、妻からの攻撃は避けていきたいと考えています。

離婚は思いとどまった方が良い場合

妻が確定的な証拠を示して、夫が浮気をしぶしぶ認めたとします。まずは、「相手の女性と別れてほしい」旨を伝える事です。
なるべくでしたら、離婚などはしない方が良いに決まっています。夫が、浮気について反省し、その相手の女性と会わないと約束したら、それを信じてあげましょう。

そしてその約束を守り、浮気が完全に終了したとします。夫も、「一時の気の迷いだった」と反省しているとします。その時は、妻側も、広い心を持って、夫を許してあげましょう。心の底には、その浮気の事実に対する苛立ちが残っていたとしても、長い結婚生活においては小さい出来事です。そのまま、何事もなかったように、全てを水に流して、通常の結婚生活を続けた方が良いでしょう。

夫が浮気を続けている場合

男女の仲というのは、意外にきっぱり別れるのが難しいものです。特に浮気や不倫関係は、始まる時からすでにこじれています。
相手の女性も、「妻子ある男性」と付き合っているという意識がある訳です。それでも男女関係になったという事は、その相手の女性にモラルや道徳心を求めても無駄です。あくまでも、こちら側の(夫の)意志が強くないと、必ずその女性は誘惑して来ます。

ですので、浮気関係をきっぱりやめられるかどうかは、こちらの夫自身にかかっていると考えなくてはいけません。夫自身が、「相手がどう誘おうが、決して浮気はしない」という強い誓いができないと別れることはできないのです。

離婚を考えた方が良い場合

浮気や不倫は、どうしてもだらだらと続いてしまうものなのです。双方が飽きて一度わかれ、また不倫関係に戻るなんてことも良くある事です。最も困るパターンは、夫と浮気相手の女性の間に子供ができた場合です。これは、骨肉の争いになります。そして、夫も、自分だけの意志で女性と別れられなくなるのです。浮気相手の女性に支払う、養育費、慰謝料などが発生して来ます。ここまでこじれたら、離婚を考えた方が良いかもしれません。

離婚を決める前に、必ず考えておかなくてはいけない事があります。

・今後の生活費
・夫婦間の子供がいれば、その親権をどうするか
・慰謝料、養育費の額
・自分(妻自身)の一生(子育て完了後、老後など)のプラン
(母親として、女性として、の生き方)
今後の人生について十分検討して準備してから、離婚を決断しましょう。

 

離婚の慰謝料ってどうやって決まるの?

コメント