離婚レスキュー

旦那・妻の浮気体験談をぶっちゃけてもらい、離婚を応援するサイトです。

相手の浮気、暴力、精神的苦痛から離婚の慰謝料っていくらもらえるか調べてみた。

慰謝料っていくらもらえるの?

ワイドショーを見ていると、「某有名タレントの慰謝料は1億円!」と報道されていることがあります。

慰謝料って、そんなにもらえるものなのでしょうか?
芸能人だとたくさんの慰謝料がもらえるのでしょうか?

「自分が離婚する場合には一体いくら慰謝料もらえるのだろうか…」

そんな風に悩んでいる人は、多いかもしれません。
でも、慰謝料という言葉はよく耳にしても、「慰謝料の決め方」は意外に知られてないですよね。

それでは、慰謝料の金額はどのように決められるのでしょうか?

そもそも慰謝料って何?

慰謝料とは、「精神的苦痛を慰謝するためのお金」です。

分かりやすくいうと、「離婚のせいでつらい思いをしたので、お金をもらって解決しよう」ということです。

本来であれば、つらい思いをさせた人は、相手に謝らなければいけません。
しかし、むりやり相手に謝らせても意味がありません。
かといって、時計を戻すこともできません。

そこで、「お金を渡すことで解決しましょう」というのが、慰謝料なのです。
つまり、「慰謝料の金額」は、「どれほど辛い思いをしたか」ということによって、左右されます。

誰でも慰謝料がもらえるの?

「離婚はつらいことなんだから、全員が慰謝料をもらえるはず」と考える人がいるかもしれません。しかし、慰謝料は、全員がもらえるわけではありません。慰謝料が払われるかどうかは、「離婚の原因」によります。
離婚の原因は様々なので、慰謝料が必要な人と、そうでない人に別れるのです。

どういう場合に慰謝料をもらうことができるの?

それでは、どういう場合に慰謝料をもらうことができるのでしょうか?

分かりやすくいうと、「相手が一方的に離婚の原因を作った」という場合は、慰謝料をもらうことができます。この場合は、「離婚の原因を作って、相手につらい思いをさせたのだから、お金を払って解決しましょう」ということになるからです。

典型的な例としては、「相手の浮気が原因で離婚する場合」は、慰謝料をもらうことができます。他にも、「相手の暴力によって離婚する場合」にも、慰謝料が支払われます。

それでは慰謝料がもらえない場合とは?

「離婚の原因がどちらにもある」という場合は、慰謝料をもらうことはできません。この例としては、「性格の不一致」を理由とする離婚が挙げられます。
「性格が合わない」というのは、どちらか一方が悪いわけではありませんので、慰謝料が発生しません。「自分はアウトドアが好きなのに、相手は家にこもってゲームばかりしていて、一緒に過ごす時間がない」というのは、性格の不一致ですね。この場合は、慰謝料をもらうことはできません。

また、「双方ともお互いが悪いと主張していて、離婚の原因がどちらにあるのか分からない」という場合も、慰謝料をもらうことはできません。

まずは当人同士で話し合い

それでは、慰謝料の「金額」はどのように決まるのでしょうか?
離婚の基本は、「当人同士の話し合い」です。慰謝料についても、まずは当人同士で話し合わなければなりません。

離婚する相手と顔を合わせるなんて、ますますつらい思いをするようなものですが、離婚後に後悔しないためにも、きちんと慰謝料について話し合っておきましょう。

何を話し合うの?

まず、「そもそも慰謝料が必要なのか」ということを話し合います。
慰謝料は、離婚する人が全員もらえるわけではありません。慰謝料をもらうためには、「離婚の原因はあなたにある」ということを、相手に認めさせなければなりません。

しかし、相手に非を認めさせるというのは、難しいことですね。
このとき、相手の浮気の証拠をつかんでいれば、話し合いを有利に進めることができます。

話し合いを始める前に、探偵に調査を依頼して浮気の写真をそろえておくというのは、話し合いを有利に進めるための重要なポイントなのです。相手としても、浮気の証拠を目の前にすれば、「この写真を公にされては困る、さっさと慰謝料を払って早く離婚しよう」と考えるかもしれません。

また、あなたが浮気の証拠をにぎっていれば、「私はあなたの浮気によってつらい思いをした、だから慰謝料が必要だ」と、正々堂々と相手に交渉することができます。

金額はどうやって話し合えばいの?

話し合いの段階では、慰謝料の基準はありません。
お互いが納得する金額で決着をつけましょう。

お互いが「この金額で」と納得して決めたものであれば、その金額が慰謝料となります。200万円で決着をつける人もいますし、しぶしぶ30万円で納得する人もいます。話し合いですので、大きく幅が開きます。もし「裁判でとことん闘いたい」と考えるのであれば、相手の提示する金額をきっぱりと断りましょう。

逆に、「さっさと決着をつけたい」「なんとしても裁判は避けたい」と考えるのであれば、相手の条件をのまざるをえないでしょう。
話し合いで決めた金額は、公表されることはありませんし、離婚届に記載する必要もありません。

話し合いがまとまらない場合は?

話し合いがまとまらなければ、手段は2つです。

1)慰謝料を諦めて離婚する

2)弁護士に相談する

慰謝料をあきらめて、離婚届にサインする、というのも一つの方法です。

でも、もしあなたが浮気の証拠をつかんでいて、「きちんと慰謝料を払ってもらいたい」と考えるのであれば、弁護士に相談しましょう。

弁護士に相談したらどうなるの?

弁護士に相談したからといって、すぐに裁判が始まるわけではありません。
大きく分けると、3つのステップがあります。

1)弁護士を通した話し合い

2)家庭裁判所で話し合い

3)地方裁判所で離婚裁判

弁護士を通した話し合い

弁護士にお願いすると、まずは「弁護士を通した話し合い」が始まります。「本人同士が話し合ってもまとまらなかったのだから、弁護士を通して話し合いをしても無駄ではないのか?」と思う人がいるかもしれません。

しかし、弁護士がいるかいないかでは、話し合いのスピードが違います。本人同士が話し合う場合は、複雑な感情がこみあげてきて、冷静に話を進めることが難しいでしょう。また、どういう順番で話し合えばいいのか、そもそも何を話し合えばいいのか、混乱してしまう場合も多いでしょう。

しかし、弁護士は離婚のケースを何百件と扱っていますので、話し合いの進め方について、ノウハウを持っていますまた、相手としても、離婚相手とは冷静に話し合いができなくても、弁護士の話は落ち着いて聞くことができるかもしれません。

家庭裁判所で話し合い

弁護士を通しても話し合いがまとまらなければ、次は、家庭裁判所で「離婚調停」を行うことになります。「離婚調停」は、裁判ではありません。離婚の場合は、裁判をするまでに長い道のりがあるのです。

離婚調停ってどういう風に進んでいくの?

家庭裁判所での話し合いでは、「調停委員」という人が話し合いを進めてくれます。
調停委員は、大体40〜60代の男女が1名ずつ、計2名の場合が一般的です。

離婚調停では、離婚する2人が同じ日に裁判所に行き、待合室で待機します。
待合室は、別々の部屋を指定されますので、お互いに顔を合わせる必要はありません。

待合室で待っていると、代わりばんこに調停委員から呼ばれます。
調停委員の前で、30分ずつ、交代で話を聞いてもらいます。

話を聞いてもらうときは、「慰謝料は100万円ほしい」「慰謝料は一括で支払ってほしい」など、具体的な条件を伝えましょう。調停委員が、あなたの条件を相手に伝えて、ときには相手を説得をしてくれることもあります。

もしあなたが相手の浮気の証拠を持っているのであれば、早い段階で調停委員に見せましょう。調停委員がその証拠を判断して、慰謝料の相場を提示してくれます。

離婚調停はどれぐらいかかるの?

離婚調停は、1ヶ月に1回のペースで行われます。

1回の離婚調停は、2時間です。30分ずつ4回に区切って、あなたと相手方の話を2回ずつ聞いてもらいます。調停は、1回で終了することはめったにありません。期間はひとそれぞれですが、大体3ヶ月から6ヶ月ほどかかることが一般的です。

地方裁判所で離婚裁判

離婚調停がまとまらなければ、いよいよ裁判です。

裁判所では、どのように慰謝料の金額を決まるのでしょうか?

慰謝料は、「精神的苦痛を慰謝するためのお金」なので、明確な基準はありません。

「浮気を1回したら100万円」という基準があればわかりやすいのですが、浮気ひとつとっても、浮気相手との関係や浮気に至る過程も様々なので、画一的な基準を作ることができないのです。

ただし、裁判官が自由に慰謝料を決定できるわけではありません。
裁判官は、決められた事項を参考にして、慰謝料を判断します。

裁判所が参考にするのは、下記の事項です。

1)婚姻期間
2)離婚に至った経緯
3)子どもの有無
4)有責行為の程度

この4点について、下記で詳しくみていきましょう。

婚姻期間

婚姻期間が長ければ長いほど、慰謝料の金額は高くなります。

裁判官が、「婚姻期間が長い方が、離婚のショックも大きいだろう」と考えるからです。

離婚に至った経緯

離婚に至る経緯は、慰謝料の算定の中で最も重要なポイントです。

例えば、「過去に何度もやり直そうとしたが離婚せざるをえなかったのか」という場合は、慰謝料の金額が高くなります。

「相手が何度も浮気を繰り返したが、そのたびにやり直そうとがんばってきた。しかし、今回の浮気相手は自分の親友だったので、どうしても許せない」という場合、慰謝料は高くなります。

ここでも、浮気の証拠が重要になります。
相手が「浮気をしました」と裁判官の前で認めればいいのですが、なかなか正直に認める人はいません。相手が浮気を認めない場合は、こちらが浮気の証拠を出さなければいけません。実際に相手が浮気していた場合であっても、浮気の証拠がそろわないために、慰謝料が低く見積もられてしまうこともあります。

慰謝料をきっちりともらうためにも、早期に浮気の証拠をそろえておくことが大切です。裁判になった段階で、あわてて浮気の証拠を集めようとしても、すでに相手は警戒しています。この時点で探偵事務所にかけこんでも、浮気の証拠をつかむのは難しいでしょう。

離婚を考えている方は、できるだけ早い段階で探偵にお願いしましょう。

子供の有無

子供がいる場合は、慰謝料が高くなります。

裁判官が、「子供を抱えていては離婚後の生活が大変だろう」「子供に離婚のことを説明するのは大変だろう」「浮気によって、妻を裏切っただけでなく、子供の将来もめちゃくちゃにした」と考えるからです。

有責行為の程度

一言で「浮気」といっても、様々なケースがあります。
裏切りの程度がひどければひどいほど、慰謝料の金額は高くなります。

例えば、「浮気が見つかるたびにケンカになり、話し合いをしてきたのに、何度も同じ相手と浮気をくり返した」という場合は、裏切りの程度が大きいので、慰謝料の金額が高くなります。

裁判所が認める金額は?

裁判所が公表しているデータはありませんが、相場としては100万円から300万円におさまることが一般的です。

浮気相手との間に子供がいる場合など、裏切りの程度がひどい場合は、300万円以上認められることもあります。

逆に、婚姻期間が1〜2年であれば、浮気が認められても、100万円以下しか認められないこともあります。

芸能人の慰謝料って?

週刊誌やワイドショーでは、「サッカー選手が1000万円も払って離婚した」と報道されることがあります。

しかし、ワイドショーでは、リポーターの推測をあたかも真実であるかのように報道していることも多いので、注意が必要です。実際には、サッカー選手や有名タレントであっても、慰謝料は100万円から200万円程度におさまっていることが多いようです。

また、ワイドショーで取り上げられている金額は、慰謝料と財産分与が区別なく報道されていることがあります。「財産分与」とは、「婚姻期間中に夫婦で築き上げてきた財産を、二人で公平に分配すること」なので、慰謝料とは全く別のものです。
自分が離婚するときに、「慰謝料ってこんなに少ないのか」とがっかりしないようにしましょう。

まとめ

慰謝料の決め方には、いろいろな方法があります。
話し合いで決める人もいれば、裁判で決まることもあります。

いずれにしろ、浮気の証拠があれば、慰謝料の金額を高くする材料になります。

自分の慰謝料が低すぎるとがっかりしないためにも、早めに探偵に相談して浮気の証拠をそろえておきましょう。

・相手が携帯を見る時間が増えた
・相手が携帯にロックをかけるようになった。
・休日出勤や仕事が増えた。
・疑わしいメールを見てしまった。
・SNSで、夫の嘘を見破った。

この中で一つでもあればこちらの記事へ