離婚レスキュー

旦那・妻の浮気体験談をぶっちゃけてもらい、離婚を応援するサイトです。

離婚問題を弁護士に依頼するメリットとは?

 

離婚する場合、多くは、夫婦間の話し合いで行う協議離婚になっています。

しかし、協議離婚のように夫婦の話し合いのみで離婚を成立させる事ができない場合や財産分与、供についてなど、少しでも問題が発生する可能性がある場合、弁護士に依頼する事で様々なメリットがあります。
rikonnmonndai

・相手に直接会う必要がなくなる

離婚話と言うものは、場合によっては長期化する事も多く、それによって、大きな負担になる場合も少なくありません。

そんな時、弁護士に依頼する事で、当事者同士が顔を合わせる必要なく、離婚に向けての話し合いを行う事が可能になってきます。また、調停離婚などになった場合は、専門的な知識も重要なポイントになってきます。

例えば、財産分与や親権問題。また、慰謝料などの話し合いなど、専門家である弁護士に行ってもらう事で、満足のいく結果を得る事ができる可能性が高くなってきます。
このように弁護士に依頼する事で、離婚するほど嫌になった相手の顔を見ることなく、離婚に関する話し合いを進めて行く事ができると言う事なのです。

・親権問題や養育費問題、慰謝料、財産分与など専門的な交渉が可能になる

子供がいる場合、避けて通る事ができないのが、親権問題と養育費問題です。

まず、親権問題の場合、どちらか一方のみ親権を主張する場合は良いのですが、両方が主張した場合、また、両方が放棄してしまった場合、当事者同士での話し合いのみでは難しくなってくる場合も少なくありません。

もっと話がもつれてしまうと離婚調停の場などでの話し合いになってしまいます。そうなると、やはり、自分だけの知識では難しくなる場合も多いため、弁護士への相談が必要になってくると言えるのです。

その後、親権問題が解決された後も、養育費に関して取り決めを行う事が必要になってきます。

この養育費に関しても、収入から計算するような算出方法があり、それらについて、的確にアドバイスを受ける事で、妥当な養育費を受け取る事が可能になってきます。もちろん、支払う側においても、的確な養育費の算出を知っておく事は重要なポイントです。

また、親権問題には、養育費の他、面会交流においても、取り決めが必要になってきます。

面会交流においては、原則、認められている事が多いものの、場合によっては、求められない事もあり、それらの判断は、調停又は審判にゆだねられる事になってきます。

その他、慰謝料が発生する可能性がある場合、その慰謝料請求に向けての書類の作成や交渉なども的確に行ってもらう事が可能です。
また、財産分与においても、額に関係なく、弁護士に算出してもらう事で、間違いのない財産分与を行う事ができるようになってきます。

・万が一の際、すぐに助けてもらう事ができる

離婚と言うものは、思いもよらないトラブルが発生する事も少なくありません。例えば、急に相手が別居先に押しかけてくるような事や学校帰りなどに勝手に相手に子供を連れ去られてしまったなど、不測の事態がいつでも起こり得る状況にあるのです。

そんな時、弁護士に依頼しておく事で、すぐにそのような不測の事態に対応してもらう事が可能です。

弁護士に依頼しておく事で、書類の作成など以外に、万が一、不測の事態が起こった場合でも、慌てることなく相談する事で、的確な手助けを受ける事ができ、安心する事ができるのです。

・離婚後のトラブルにも備える事ができる

一見、円満に離婚する事ができたように思えていても、離婚後に発生するトラブルも少なくありません。離婚後の一番のトラブルになっているのが、慰謝料や養育費などの支払いが行われないと言う事です。

この場合、口約束などではなく、相手の支払い義務を法的な書類によって残しておく事で、このような事態が発生した場合でも、支払いの強制を行う事や差し押さえなどまで行う事ができるようになってきます。

その為、慰謝料や養育費が発生している場合は、離婚後のトラブルに関しても、弁護士を通して、正式な書類の作成などを行い、備えておく事が大切になってくると言えるのです。

・まとめ

以上のように、実際、離婚する際、話合いが上手く行った場合においても、その後、慰謝料や養育費の支払いが滞ってしまった際のリスク。また、話し合いが上手くいかず、離婚調停にもつれ込んだ場合など、当事者同士では、話し合いが難しい場合などは、弁護士への依頼が大切になってきます。

しかし、このような明確な弁護士依頼の理由がない場合でも、離婚と言うものは、いつ、どのように状況が変わるかわからないものになってきます。そんな時に弁護士に依頼しておくと、すぐに対応してもらう事ができ、強い味方になってもらえるのです。

また、弁護士に話をする事で、気持ちの整理や心理的な負担から解消される場合も少なくありません。
このような理由から考えても、やはり、離婚する場合は、一度は、弁護士に相談しておく事をお勧めしたいと思います。

こちらの記事へ

  • スポンサーリンク