【旦那の浮気】夫が怪しいので浮気調査に興信所を利用した結果

0529005 探偵調査
スポンサーリンク

0529005

前兆と疑惑

共働きであったために家事は分担していたのですがある日、元旦那がスーツやワイシャツをクリーニングに出すようになった事に気付きました。特に高いものでもなく普段は私が手入れしたり洗濯したりしていたのに、すべて自費で会社帰りに受け取って帰ってくるのです。

何故かと聞いてもはっきりせず、それまで指摘するまで絶対に出さなかった自室のゴミも自分でまとめて出すようになりました。

かといって生ゴミなどを捨ててくれるわけではなくあくまで自分のゴミだけなのです。
それからも物が家に増えていないのにカードの明細が届くようになったり、仕事が遅いからと週末は帰らない日もではじめました。

やがて疑惑は芽を出して

行動に踏みきるきっかけとなったのは、元旦那の何気ない一言です。
私の容姿をさりげなく馬鹿にしながら歳をとったと揶揄したその顔は、親しみや家族の温かさとは無縁の見下しと侮りが隠しようもなく滲んでいました。
この人は私のことを好きではない、と確信した瞬間でもあります。

そして家族のフィルターを外してみると、元旦那の欠点がますます浮き彫りに感じられるのでした。浮気の疑惑はますます色濃くなり、朝帰りが二日続いた夜、私は証拠を掴めたら離婚することを決意したのです。
幸い実家が近いのでそこに身を寄せることにし、とりあえず持ち出す貴重品リストを作成しながら証拠を掴むために興信所を探しました。

行動と予想通りの結果

忙しい中時間を作り興信所に車で向かうなか、行動の空しさに泣けてきそうでした。

探偵や興信所をこれから浮気調査で利用される方は基本的に調査が長引くほど請求が高額になることを知っておいてほしいです。
三日前後でも最低三十万はかかる、とだけいいます。
電話のスタッフの方は女性だったので緊張が解けた気がしたのを覚えています。

行動が怪しい曜日や離婚も視野に入れていること、有無を言わせぬ証拠がほしいことなどを伝えつつ料金を相談しました。
結果は一週間も経たずにでました。元旦那の行動を克明に記した書類と、女性と歩きながらそういう目的の建物に入る写真は笑えるほど分かりやすいもので、思わず馬鹿だなあと言いそうになったほどです。

そして終息

浮気をした原因は共働きだった私と触れ合う時間が少なく、寂しさに耐えかねて温もりを他に求めてしまったというのが言い分でした。
触れ合う時間がなかったのは私も同じですし、共働きなのはマイホームの頭金を一緒に働いて貯めようと二人で決めたことです。

二人の時間がないことに不満があったのなら私に口に出して言えばよかったのではないか、と返すとそんな女々しいことは情けなくて言えなかったとの事でした。

じゃあ黙って浮気するのはあなたの中では男らしい事なのね、というと俯いて黙りこくってしまい、それきり離婚成立まで会話はなかったです。
慰謝料は百万と、浮気調査にかかった費用を請求し特にもめず払われました。

浮気相手も私たちが離婚したとたん女性側がなんと仕事を辞めて行方をくらましてしまい、深追いはしませんでした。
結婚するほど好きな人ではなかったのかな、と今は思います。

こちらの記事へ

コメント