離婚レスキュー

旦那・妻の浮気体験談をぶっちゃけてもらい、離婚を応援するサイトです。

探偵に浮気調査を依頼する前にチェックしておきたいポイント」「浮気はこんなところからバレる!? 

0529003

浮気をしていると、当事者がどううまく隠したつもりでも、必ず痕跡は残るものです。

今回は、浮気調査の達人である探偵に浮気調査を依頼する前に、浮気の有無についてチェックするためのチェックポイントについてご紹介いたします。

 

■車

浮気に車を使用している場合、そこは痕跡の宝庫です。
では、どのあたりをチェックすればいよいのでしょうか。

・ダッシュボード、サンバイザー
これらの場所から発見されるのはずばりレシートです。
レシートは浮気の有無をチェックする最良のツールであり、車を使った浮気の場合、高確率で残されている痕跡なのです。

・カーナビの履歴
カーナビを使用すると必ず履歴が残ります。
この履歴から、どこかに出かけた痕跡を見つけ出します。

・走行メーター
通常の通勤などで使う以外に車を使用している場合、当然ながら走行した分だけ走行メーターは進みます。
メーターの進み具合が異常値を示している場合は浮気をしている可能性が高いです。

 

 

■給与明細

意外なチェックポイントだと思われるかもしれませんが、給与明細も浮気のチェックには重要なポイントです。

「早退」「有休」の項目に着目し、もし自分の知らない内容が含まれていたら浮気の為にそうした休暇を取得している可能性があります。

 

 

■言動の変化

浮気の兆候は必ず言動の変化に現れます。
物的証拠よりもなにより注意深く観察すべき事項と言っても過言ではないでしょう。

・言葉に棘がある
浮気をしながら家庭も持っている場合、必ずそこに罪悪感が生まれます。
そして、そういった罪悪感はかなり強いストレスにつながります。
ストレスを感じた結果、その原因であるあなたへの言動には必ず苛立ちが含まれるようになります。

一度や二度ではそれがそのまま浮気の兆候と取るのは早急ですが、そういった状態が長く続く場合はそれが浮気の兆候である可能性はかなり高いです。

 

 

■携帯電話のチェックはメールや通話履歴ではなく「アプリ」

スマートフォンが普及した現代、浮気を補助するアプリもたくさんリリースされています。

例えば、一部の写真だけを非表示にするアプリや特定の電話番号からの着信履歴を自動で削除するアプリなど、たくさんの浮気補助アプリがリリースされているのです。

スマートフォンの中に普段見慣れないアプリを見つけた場合はアプリ名をメモし、後でどういったアプリなのか調べるといった対策を行いましょう。

 

 

■まとめ

いかがでしたでしょうか。

浮気を調査する場合、まずその兆候をチェックしておく必要があります。

そして、浮気の兆候ありと判断できた場合は探偵へ依頼を行いましょう。
事前に浮気の兆候を提出できれば調査料金が割引される場合などもありますので、事前調査は必ず行うようにしましょう。

こちらの記事へ

スポンサーリンク



探偵の捜査はどんなことか日常を見てみました