離婚レスキュー

旦那・妻の浮気体験談をぶっちゃけてもらい、離婚を応援するサイトです。

旦那がカツラをしていたのが分かったので離婚したい

1
離婚する前に読んどくべき知識

離婚準備

探偵調査

現役探偵の浮気調査に密着。絶対に離婚するには

旦那が浮気してるかも?と思ったときにとっておかなければいけない事とは

旦那、妻が浮気している可能性が高い12選!

浮気調査を依頼する前にチェックしておきたいポイント

専業主婦が離婚をする場合、知っておきたい母子家庭の助成制度

子持ち離婚する際の養育費問題

法テラス、暴力(DV)、金銭、離婚したいトラブル時に使える相談先

熟年離婚の理由と離婚する際の注意点

浮気調査を依頼する前にチェックしておきたいポイント
旦那が35歳。私が33歳の時に結婚した私たち夫婦。友達の紹介で知り合った私たちでしたが、旦那が私のタイプだった事もあり、結婚一直線に進んで行ったのでした。
そして、結婚生活がスタートし、半年が過ぎた頃、旦那の異変に気付いてしまったのです。

容姿が気に入り、結婚したと言っても過言ではない私

私が旦那を初めて見た時、「待っていました~」と心の中で叫ぶほど、好みの顔だった旦那。そんな事もあり、私のもうプッシュで付き合い始め、そのまま、結婚まで進んで行った感じがありました。

もちろん、付き合うだけではなく、結婚まで考えた相手ですので、容姿だけではなく、性格や趣味など色々な面も確認し、結婚した事は確かです。

しかし、割合としては、やはり、容姿が1位と言っても過言ではありません。
そんな、旦那の頭がカツラだったと知った今、私の中では、裏切られた気持ちとそのカツラのない容姿を認める事ができない自分がいて、離婚を考えるほどにまで陥っているのです。

旦那のカツラが許せない理由

旦那がカツラだったと判明した日。それは、突然の出来事でした。急な夕立が降った帰り、私より先に帰宅していた旦那は、私がまだ帰って来ないと思っていたのか、カツラを洗面所に無造作に置いた状態でシャワーを浴びていたのでした。

はじめ、何かわからなかった私は、それを手に取り、恐る恐る浴室のドアを開けてみると、私の見た事のない旦那の姿がそこにあったのでした。
私は、ショックを隠し切れず、そのまま、寝室に飛び込み泣きじゃくってしまう事に。

その姿を見て、旦那は、「ずっと、言おうと思っていた。」と一言。「ずっと、言おうじゃなくて、結婚する前、いいえ、付き合う前に言え!」と思った私は、何もその言葉に返す事ができなかったのでした。

旦那がカツラだった事を許せない理由は、見た目の裏切りだけではありません。初めは、正直、見た目の裏切りだけのような気もしますが、時間が経つにつれ、嘘をつかれていたショックの方が大きくなっていったのでした。

誰に何と言われても、離婚したい!

友達にこの事を相談したら「カツラ離婚って聞いた事もない!」と言われてしまった私。
確かに許してあげ、笑い話にすれば良いのかも知れません。

しかし、私には、もう、そんな事ができる心の余裕もなく、容姿の裏切り。そして、嘘をつかれていた裏切りのWショックで、例え、周りにカツラ離婚と笑われても、心底、離婚したいと思っているのです。

 

スポンサーリンク


前田穂花
官能小説家・前田穂花のほのかな疑問

まず、あたしもウィッグユーザー、つまりヅラなの。
いただいたお便りを読んで。ダメだこりゃ、って思っちゃった。

この穂花ちゃんがめっちゃ自信喪失よ。
いつも向かうところ敵なし、ってそういうふうに装っている穂花ちゃんでも。
意中の彼とのはじめてのメイキング・ラブの折には悩むのよ、本当に。
ウィッグをつけていない姿を男性の目に曝すのがとっても怖いの…。
当然だけど、カラダの関係を持つくらいの相手だと想定している彼よ。
あたしがヅラだということも含め、身体的な障害については全てあからさまにしてからことに臨むわ。

それはむやみやたらと身の上話をすることで、相手の同情を買うこととは全く意味が違うわ。
たまたま私は肉体的にいろんなハンディキャップを負っていて、パートナーの理解と協力を得なければセックス自体愉しめないからなおさらだけど。

これは健康なあなただって同じ。女性は男性と大きく違って「産む性」よ。
あなたの理想のライフプランを全うするためには、あなたが一番肉体的にベストで、且つ心から一番望む時に大好きな男性のベイビーを産むのが何よりなの。
そのためにも機が熟していない間はキチンとバースコントロールしなくちゃ。
男性の理解と協力なしでは避妊は出来ないの。

大切なあなた自身の心と身体、そして未来を守るという視点において。
あなたにも、そしてあたし自身にも殿方の深い理解は愛以上に重要なものよ。

それはさておき。
ヅラだったら…あたしも好きな男性からそっぽを向かれちゃうのかしら?

まあ、そんな心の狭いオトコにはあたしから逆三下り半!って、そう強がっておきたいけど。
――強がらないと自分を保てないくらい。
容姿、つまり見た目の問題は心にイタいものなのよ。

この旦那さんも、おそらくは相談者さんを騙すという意図よりは、彼(の容姿)に惚れこんでいる相談者さんに、いつかは本当のことを言おう言おうと思っているうちに。

打ち明ける機会を逃したまま入籍の日を迎えちゃったんじゃないのかなあ。
そういう自分でも負い目に感じている部分こそ、意外と好きな異性には話せないものよ。

だいたい、カラダの欠点って、他人にはどうってこともない些細なことでも。
当の本人はものすご~~~く気にしちゃうもんじゃない??
女子であれば。それこそ体重が百グラム、いや一グラム増えただけでも、もう地獄に落っこった気分になっちゃう、あんな感じよ。

だけどね。容姿はどんな絶世の美女でも光源氏張りの色男でも。
どんな人でも年齢を重ねるのに比例して劣化しちゃうものよ。でも。その分、精神面も成熟が見た目に表れて、若い時とはまた違う魅力を誰しも増すんじゃない??

こんな言葉があるわ。

Nature gives you the face you have at 20; it is up to you to merit the face you have at 50. -Gabrielle Bonheur Chanel
20歳の顔は、自然の贈り物。50歳の顔は、あなたの功績。(ココ・シャネル)

髪が薄くなっても小皺が増えても。人間として内側の豊かさが如実に表情に表せるようなおとなにお互い成長し続けたいわね。

最後に。穂花ちゃんのほのかな疑問。
相談者さんは彼がヅラだったということよりも。

そういう相談者さんにとっては極めて重要な事実を、生涯の伴侶として選択したその男性が、今の今まで隠していたってことがショックなのよ、ね?
ショックでたまらないからこそ、離婚までを想定するんでしょ??

ウィッグユーザーのあたしからもお願いよ。
もう一度だけ、彼と心を開いて…腹を割って納得がゆくまで話し合ってみてよ。

例えどんな答えをふたりが導くんだとしても。

見た目は誰しも劣化し、その容姿は年齢とともに変わるわ。

だけどその先の普遍的なものを追い求めていくことも、ふたりの愛の方向性だと…あたしは何となく信じておきたいんだもの。