離婚レスキュー

旦那・妻の浮気体験談をぶっちゃけてもらい、離婚を応援するサイトです。

ストーカー夫と絶対に離婚をする方法

pixta_20043454_S

離婚時に夫がストーカーになりすべき事

それまで不満がありながらもなんとなく夫婦生活を続けてきたけれどももう夫婦生活に我慢できなくなって離婚を決意する女性も最近は多いです。

ですが、いざそうやって女性の側から離婚を言い出した場合は男性が側がよほど離婚をしたいと思っていなかった場合はこじれます。

それで最悪ストーカー夫になってしまう事もあります。そういう風になった時に
無理に離婚をしようと思ってもすごく面倒な事になりかねないです。

ですから、もし離婚を女性の側から言って夫がストーカーになった場合は
無理に離婚をしようとせずに気持ちが悪くてももっといろんな人間を巻き込んで
相談してストーカー夫から身を守る事を優先すべきです。

そうしないと、無理にで夫婦間で離婚の話をしても解決しないからです。

離婚をしたい時も夫を立てよう

女性の側から夫と離婚をしたいと思ってもそれをストレートに言わない方が良い場合が意外とあります。特に夫が元からストーカー気質があると感じているならなおさらです。

ストーカーになりやすい夫の特徴として異常に相手を束縛したがるというのがあります。ですから、離婚をしたいと思っても女性の側から一方的に離婚を突きつけないのがポイントになります。

その時にそれとなく夫の側に離婚の決断をさせたように上手く持っていくのが円満に夫婦が離婚をするポイントになります。それでかなり高い確率でストーカー気質の夫も離婚を機会にストーカーになってしまうのを防げるようになります。

その点を怠るとそういう気質があるとかなり危険な事になりかねないです。

離婚で夫だった人がストーカーになった時

でも、いくら女性の側で万全な対処をしたつもりでも夫がそれで素直に納得するとは限らないです。場合によってはどれだけ女性が配慮してもすべて悪い方に受け取る人もいます。

そういう場合は何を言っても離婚自体を受け入れられないという事があります。
その結果夫がストーカーになってしまうという事はよくあります。

この場合はもう夫だった人がストーカーになってしまうのを受け入れるしかないです。そうなった時はどうしたら良いかというと、すぐに探偵に元夫の動きを探らせるのが良いです。

それで夫が明らかにストーカー行為をしている証拠を掴んで法的な手段に訴えるのが良いです。それで下手に自分一人で解決しようとするよりは安全に解決できます。

離婚をする際に何に気を付ける必要があるか

とにかく女性の側から離婚をしようと思った時は男性と自分ではかなり考えに距離がある事を分かった上で離婚話をしないといけないです。

それはそれまで普通だと思っていた夫でもそうで離婚話をきっかけで急にストーカー夫になる事もあります。これは女性の側からすると信じられないかもしれないですが、男というのはとにかくつまらないプライドを持っています。

ですから、女性の側から離婚を切り出されるのはすごく屈辱に感じます。
その結果それまで温厚だった夫がストーカー男になる事は普通にあります。

なので、どういう夫でもストーカーになる可能性はあるので
離婚をしたいと思った時は夫の側から離婚をしたいと思えるように
仕向けるのが一番です。