離婚レスキュー

旦那・妻の浮気体験談をぶっちゃけてもらい、離婚を応援するサイトです。

ケースワーカーの仕事、役割を理解しておこう!

rstrr

【生活保護の実態とは】元ケースワーカーがぶっちゃける「生活保護って本当はこんなもの」激務

精神疾患のある夫との離婚とは?法テラス【前編】離婚レスキュー愛理のプロフィール

ケースワーカーに生活保護の相談をする際に絶対に必要な事とは

ケースワーカーが活躍している場所

全国の都道府県及び市区町村に設置された福祉事務所で、ケースワーカーは活躍しています。障がい者などの身体に異常があり生活が困難な方、精神的に不安定になって生活上不安を生じている方などの理由がある方が、日常生活をする時に様々な困りごとがある時に、地域住民の方に援助が必要な時に相談をすることが出来るようになってます。

相談される方で多いのは、生活保護に関する内容や高齢者など体が弱っている方に対してや病気を抱えている人で介護が必要な方に対して、また不登校の児童の方にも相談にのってあげています。このように日常生活で過ごされる時に精神的や身体的、または社会的に困難を生じている方に対して相談にのる時に、医師の他に医療関係者と連携を取ることによって必要な援助を行っていることから地域には必要ということです。

ケースワーカーの方が活躍出来る場所としては、全国各地域にある福祉事務所となってます。その他にも児童相談所であったり老人福祉施設内、または病院で活躍出来る場所が格率されてます。このように福祉事務所以外でも各施設において相談員として働いている職員に対してもケースワーカーということがあります。ケースワーカーの役割を知ることによって、必要な場面の時に役に立つことがあります。

ケースワーカーの仕事に対しての魅力

ケースワーカーは、福祉の仕事となってますので、大変な仕事と思いがちですが、ケースワーカーの仕事にやりがいを感じることが出来れば、大変な仕事でも楽しく仕事が出来るようになります。

といっても誰にでも出来る仕事ではなく、大学や短大の社会福祉学系学部で、社会福祉に関する科目を履修したり、指定の養成機関や講習を修了することによって、社会福祉主事の資格を取得することが大切なのです。地域住民の方々に対して相談にのるケースワーカーは、学校などで学んだ福祉関連の法律や制度に関することなど、専門的な知識が必要になります。

この仕事に就くことで、大変な思いをすることもありますが、自分自身を成長させるためには、とてもいい機会になるかと思います。ケースワーカーは、多くの地域住民と接することになりますので、コミュニケーション能力も向上するようになります。

いろいろな家庭に訪問をしたりするようになりますが、何度も相談者と会話をしたり、または家庭に訪問を行ったりすることによって、お互いの信頼関係を築いくことが出来るようになります。ケースワーカーの仕事は、人の心や人生に深く関わっていくことになりますので、困っている方に相談をのってあげられることに対して魅力を感じることが出来ます。

合わせて読みたい記事

【生活保護の実態とは】元ケースワーカーがぶっちゃける「生活保護って本当はこんなもの」激務

ケースワーカーに生活保護の相談をする際に絶対に必要な事とは

ケースワーカーはなぜ対応悪い場合があるのか?対応を良くさせる事に必要な事とは。