離婚レスキュー

旦那・妻の浮気体験談をぶっちゃけてもらい、離婚を応援するサイトです。

配偶者の不倫で離婚する時の効果的な方法とは

0604003

離婚は自分だけで悩まずにまず相談しましょう

うまく行っている夫婦であっても、結局は性格や考え方が合わず、離婚となることも多いものです。

またその他にも、DVがひどいとか家庭を顧みない、生活費をギャンブルなどにつぎ込んでしまうなどの理由で、別れてしまうケースもあります。

もちろん不倫も離婚の原因としてはかなり多いです。

どうしても離婚は避けられないという時は、まず夫婦で話し合うということもできますが、できれば専門の弁護士に相談するといいでしょう。

相談することで、その人に有利なように取りはからってくれることもあるからです。また弁護士の先生が間に入ることで、それぞれの意思疎通がスムーズに行くこともあります。

特に夫が暴力を振るうなどで、なかなか話を持ち出しにくいという時は、間に入ってもらうといいでしょう。

特に今までいい関係で暮らしていたのに、ある日突然暴力をふるうようになった、家に帰らなくなったというのはとてもショックなものです。

そういったこともきちんと相談して、自分に取って一番いい方法を採るようにしましょう。

離婚そのものをしたくない、あるいは世間体が悪いなどで我慢しても、やはり限度があります。また専門の弁護士が間に入ることで、離婚を免れ、夫婦関係を修復できるケースもあるのです。

0529003

不倫が原因で離婚する時に気をつけたいこと

ところで不倫が原因の場合、慰謝料はもらえるものなのでしょうか。残念ながら、不倫をしたから必ずもらえるというものではありません。

この場合は物的証拠がないと、慰謝料を払う義務が生じないのです。それも2人一緒のところを撮影したとか、あるいは携帯にやり取りが残っているだけでは、証拠としては不十分なこともあります。

不倫相手の家で同居しているとか、あるいはホテルに出入りしていることなどを示す証拠がないと、やはり慰謝料請求は難しいのです。

特に不倫をしていることで感情的になり、言い争いになったりすると、逆に名誉棄損を持ち出されることもあります。

不倫が理由で離婚する時は、必ず何らかの形で証拠を押さえるようにしましょう。

また不倫による離婚で、婚姻期間が長いとか、夫婦生活が円満であった場合、子供がいる場合、不倫相手が謝罪しない場合などは、慰謝料が増額することがあります。

また配偶者が率先して不倫をしていた場合も同様ですので、このような場合も弁護士の先生にきちんと確認しておくようにしましょう。

仮に相手に責任があった場合でも、こちらにも有利なように、冷静にことを進めるのが大事です。また解決を焦りすぎて、法外に高い慰謝料を請求するのもやめておいた方がいいでしょう。

【慰謝料】離婚する際に慰謝料は、誰でももらえるのか?

ストーカーに狙われたら、犯人を特定するにはどうしたらいいのか

【旦那の浮気】旦那の様子が変なので策を練り旦那の浮気中に突入しました。

プロフィール

現役探偵の浮気調査に密着

関連記事(一部広告含む)